「あなたの番です」1話あらすじネタバレ&次回推理 マンション名がネタバレ!?

「あなたの番です」あらすじネタバレ&推理

新日曜ドラマ「あなたの番です」がスタートしました!
マンションの住民達によるゲームが連続殺人を巻き起こす、というミステリードラマです。

毎週誰かが命を落とす、なかなか物騒なお話とのこと。
設定はかなりちょっと無理を感じますが、こういう自分で推理できる系のドラマは大好きなので、毎回ネタバレ&次回の被害者推理をお届けしていきたいと思います。

2019.4.15 推理、こっそり詳細を追加しました。

→全話の簡易ver.あらすじネタバレはこちら

スポンサーリンク

「あなたの番です」1話あらすじネタバレ

舞台は東京のキウンクエ蔵前というマンション。
そこに、年の差新婚夫婦の手塚翔太(田中圭)と手塚菜奈(原田知世)が引っ越してきました。

マンションは賃貸ではなく、菜奈が頭金をすべて出して購入したとのこと。
年下夫の翔太はそんなところに少し引け目を感じているよう。

どこか頼りない翔太ですが、菜奈のことは心から愛しているようで、お互い投げキッスを送り合うなど幸せバカップル的な生活が始まる…はずでした。

次々と現れる怪しい登場人物たち

翔太がコンビニにお昼を買い出しに行っている間に、管理人の床島比呂志(竹中直人)が部屋を訪れて無作法に部屋や荷物の写真を撮ったあげく、手作りのドアプレートを無理やり取り付けていきます。

その微妙なデザインのドアプレートをすぐ外そうとする菜奈と、「すぐ外したら失礼じゃ…」と気にする翔太は、同じ階の住民で1部屋だけ管理人手作りドアプレートをつけたままの301号室に興味津々。

ついでに引っ越しの挨拶をしようとインターフォンを押すと、尾野幹葉(奈緒)が顔を出して「このあと、住民会の会合があるんですよ」と告げられました。

あからさまに翔太に媚を売る尾野や、304号室の子どもを送ってきて帰り際になぜかこちらをにらんでいった102号室の児嶋佳世(片岡礼子)などに、一気に気疲れしてしまう菜奈。

翔太はそんな菜奈に謎のオランウータンタイム?を持ち掛けます。
どうやら、お互いが疑問に感じたことを推理する時間のよう。

外階段を大荷物を抱えて通りがかった501号室佐野豪(安藤政信)が、晴れているのに長靴を履いていたのはなぜかと「名探偵・菜奈ちゃん」は推理をしはじめますが、住民会に行かなければ…と我に返って中断しました。

ジャンケンの結果、菜奈は翔太に荷ほどきを任せて1人で住民会に出席することに。
住民会に参加したのがもしも翔太だったら、この後の惨劇はひょっとしたら起こらないで済んだのでしょうか。

あんた、オレのこと殺したい?

住民会では、翔太と夫婦だということで住民たちに「てっきり弟さんかと」「すごい年の差」だと言われ、気まずい思いをする菜奈。

さらに、部屋の値段まで「広告に出てたんで皆知ってますよ」と管理人に暴露され、「お安くなった」「事故物件だしな」と冗談だか本気だかわからないことを皆に言われてしまいます。

出席13名、欠席5名で始まった住民会は、清掃係を決めるための推薦投票が行なわれて、欠席している401号室の木下に押し付けることが決まったところで終了となりました。

ところが、菜奈は管理人にゴリ押しされて、住民会後の「恒例の歓談タイム」にも無理やり参加させられることになってしまいます。

そこで急に、管理人が菜奈に「あんた、オレのこと殺したい?」と聞いてきました。
403号室の藤井淳史(片桐仁)に、住民はみんな管理人のことを嫌っている、出会って3分で殺意を覚えたと言われたのだそうです。

「最初だけですよ。今は別に…」と取り繕う藤井ですが、管理人はヒートアップ。

「いいんだよ、別に。だって、人間なんてさ、アイツのこと殺してえとか死んでほしいとか思う瞬間とかあるだろ。普通あるよ、あるよね!?」と住民たちに迫ります。

そんなことはない、話題を変えませんかと、住民たちは口々に言いますが、管理人の迫力に押されるように、次第に殺したい人・いなくなってほしい人について語りはじめ…。

中学生のときにイジメにあっていたという藤井はイジメっ子と見て見ぬふりをしていた全員にこの世からいなくなってほしいと言い、働いていたときに上司にセクハラされていたという502号室の赤池美里(峯村リエ)は上司に死んでほしいと思っていたと告白。

201号室の浮田啓輔(田中要次)にいたっては、「秋になっても風鈴片づけない人、チリンチリンうるさいんだよ、なあ」と些細な事で殺意を覚えると言いだします。
どうやら、赤池のことを指しているようで、赤池が顔をそむけるなど不穏な空気に。

「捕まらないんなら殺したいけど、捕まるでしょ」という浮田に、翔太と夫婦そろってミステリー好きだという菜奈はついつい発言してしまいます。

「警察って、まず被害者の知り合いで、殺しにつながる動機がある人間がいないかを調べるんです。だから些細なことでも動機があれば、結局捕まると思います」

交換殺人ゲームの始まり

それを聞いた101号室の久住譲(袴田吉彦)が「逆に、動機がなければバレづらいんですか?」と言いだしたことで、殺し屋に頼めばバレにくいという話に。

殺し屋なんてどこにいるんだと笑い話になりかけたところで、管理人が1千万円で殺し屋をやってもいいと言いだしました。
それにノッた藤井は、1千万円は出さないけれど「僕の嫌いなヤツを殺してくださいよ。代わりに、管理人さんの殺したい人を殺しますから」と交換殺人を持ち掛けます。

それならバレにくいと話が盛り上がり、皆で殺したい人を発表しようということになりますが、皆に知られるのはイヤだという人も。

久住は、先ほどの住民会で使った投票用紙を使って、皆がそれぞれ殺したい人を書いて缶の中に入れ、クジのように1人ずつひいていけば、誰が書いたのかわからないし、クジを引いた1人にしか自分が殺したい相手を知られずに済む、と提案します。

参加しないと後で何か言われるかもしれない…という空気のなか、結局、皆が参加して投票用紙に殺したい人を書き、缶の中に入れてしまいました

他の人に見せないように気を付けながら、自分が缶から引いた用紙をそっと開いて「誰かの殺したい相手」をのぞき見る住民たち。

菜奈の引いたらしき紙には「こうのたかふみ」と平仮名で書かれていました。

つかのまの平穏に影を差す不穏な予兆

ようやく自宅に帰った菜奈は住民会での出来事を翔太に言えず、「特に何事もなく、うん」と報告しました。

夕方になったため、引っ越し先で提出したいと未届けだった婚姻届けを出しそびれガッカリする翔太は、埋まらない年の差に未来への不安を感じて婚姻届けを出すのを躊躇している菜奈に「お互い変わって今と違う人間になったとしても、それでもまた好きになるよ」「何回でも恋に落ちようよ」と告げます。

すっかり気を取り直した菜奈は、夕飯の買い物に行くついでにゴミを出しに行くことに。
しかし、ゴミ捨て場で切り裂かれたクマのぬいぐるみを発見し、何とも言えないイヤな気持ちになってしまうのでした。

それでも買い物へと外出した菜奈は、402号室の榎本早苗(木村多江)に声を掛けられます。
「誰かにひどい言葉を1回言われるたびに、自分は誰かに優しい言葉を2回かけようと思ってて。それで、世の中の優しさの量を、まあ、すこーしずつ増やそうって」と言う早苗と打ち解け、2人は下の名前で呼び合うことに。

いくぶん和やかな気持ちになった菜奈ですが、めでたしめでたしとはなりません。
菜奈と早苗が別れたところを見た謎の男(野間口徹)が、早苗の後ろ姿をねっとりと見送ったあと、スーパーで買い出しをする菜奈をつけて行って見つめていたのでした。

Xタイム前後の住民たちの動き

一方、マンションでは401号室の木下あかね(山田真歩)が、「清掃係 401号室木下さん よろしくお願いします」と記された貼り紙を画びょうのようなもので何度も刺していました

その後ろをマスクとサングラスで顔を隠した久住らしき男が通り、外出していきます。

入れ替わりにマンションに帰ってきた204号室の西村淳(和田聰宏)に、木下は「これ、どういうことですか?」と貼り紙について問い掛けますが、今月は住民会欠席したのでとすげなく流されてしまいました。

場面は変わって、管理人室前。
304号室の北川そら(田中レイ)がサッカーボールで遊んでいます。

何かを感じて管理人室をのぞき込もうとしたところで、201号室の柿沼遼(中尾暢樹)と妹尾あいり(大友花恋)がやってきて、あいりが「そら君、ママは?」と呼びかけました。

「いつもの仕事だろ」という遼に、「でも、さっき見かけたよ」とあいりは噛みつきます。
そらは「また、お仕事に行っちゃった」と答えました。

もう部屋に帰るように言われたそらが、エレベーターホール前の倒れている車いすの横をすり抜けて外階段を上っていくと、3階につながる階段の踊り場で焦った様子で階段を下りてくる203号室のシンイー(金沢美穂)とクオン(井阪郁巳)、イクバル(バルビー)、そして作業着姿の男たちと出くわします。

また、そらは続けて、駐車場で402号室の榎本正志(阪田マサノブ)が早苗に車の車庫入れを指導している様子も目撃。
車の中には犬のぬいぐるみが置かれていました。

最初の犠牲者はアノ人!

菜奈と翔太は夕飯を終えてまったりタイム。
ソファに寝転がった翔太は、ソファの下にカギが落ちているのを見つけます。

菜奈のでも翔太のものでもないカギに、先ほど家の中に入ってきた管理人のものかもと菜奈が思い付いたことで、翔太は挨拶がてらカギを届けに行くことにしました。

管理人室から出てきたスーツ姿の人物とニアミスした翔太は、管理人室の外の様子(用具の並び?)に何か違和感を感じたよう。
管理人室のドアをノックしても反応がないためドアを開けて中に入りますが、中には誰もいませんでした。机の上には白いシュシュのようなものが置かれています。

管理人室のドアを施錠しようとしたもののカギが合わなかったので、この落とし物のカギが管理人の家や車のカギかも…と考えた翔太は、管理人の携帯電話に連絡を入れることにしました。

しかし、なぜか携帯電話の着信音がベランダの外から聞こえてきます。
菜奈と翔太がおそるおそるカーテンを開けると、ベランダの外側に電線のようなもので逆さ吊りになった管理人の姿が…!

2人の前で管理人は1度目を見開き、感電したかのように声をあげて下へと落ちていきます。
恐ろしい殺人ゲームの始まりを菜奈はただ茫然と見つめていました。

スポンサーリンク

あなたの番です1話ネタバレ感想

冒頭、黒バックの背景の中、竹中直人が「あなたには殺したい人はいますか?」とドアップで語りかけてきます。ひっ…!

動機と面識がない相手ならば殺してもまず捕まらない。
そんなことが『世にも奇妙な物語』ばりに説明されていきます。

あら、竹中直人が出演者とストーリーテラーを兼ねるわけですね。
管理人としても「こんな管理人いたらイヤすぎる!」という感じ満々なので、こりゃ1話で殺される感がぷんぷんしているなと思ったら、やっぱり最初の被害者となってしまいました。

菜奈の家を訪ねてきたときに、インターフォンのカメラを手で隠してドンドンと乱暴にノックしたり、「挨拶に来ないから、こっちから来ちゃいましたよ」と言ったり。
管理人としては有り得なすぎて、逆にリアル。怖い怖い;

『世にも…』的な始まりといい、竹中直人の怪しさ全開の演技だったり、田中要次が『HERO』のマスターを思わせる「あるよ」を言うくだりなど、小ネタは挟まれているものの、今のところは正直微妙な空気です。

ドラマとはいえ、住民たちが殺したい人のことを急に話し出すなど設定に無理がありすぎで、話や世界観にまだうまくのめりこめないのが原因かと;

ただ、住民会の間、引っ越しの荷物を片づけたり、推理マンガを読んだり、筋トレをしたりしながら呑気に過ごしているだけの翔太が愛らしかったので、来週もまた見ますww

初回は登場人物や世界観の説明が主ですからね。
ここからどんどん加速して面白くなっていくことを期待してます~。

スポンサーリンク

次回以降の推理!マンション名がネタバレ!?

住民たちが交換殺人ゲームに至った経緯は、「動機も面識もない人間を殺したら、警察に捕まりにくい」という前提からです。

となると、あの住民会の場にいた人たちは全員、当然ながら管理人と面識があります。
さらに藤井いわく、住民はみんな管理人のことを嫌っているとのことですから、多かれ少なかれ動機を持っているはずです。

つまり、あの住民会のメンバーにとって管理人は「自分は面識も動機もないから捕まりにくいだろうし、実行するか」とはならない相手ということになります。

ということで、ずばり「管理人の死は事故か自殺か住民以外の犯行!」と推理!!

この管理人の死を利用して、自分は手を汚さずに自分が名前を記した人物を誰かに殺させるために、犯人Xが交換殺人ゲームが本当に行なわれたかのように脅迫状を住民たちに送りつけ、ゲームを操っていくのだと思います。

次回の被害者は、藤井淳史(片桐仁)と推理しました。
第1話を見る限り、藤井が管理人に対して一番わかりやすく嫌悪感を出しているからです。

動機や面識のある人間が殺すと警察にバレやすい、という話をした当日に管理人に対して動機のようなものがある藤井が管理人を殺すはずがありません。

次に藤井が殺されることで、そのこと(1番めの事件の犯人が藤井ではないこと)が明確になり、「交換殺人ゲームが本当に行なわれてしまっている」と住民たちに思い込ませることができるわけです。

ちなみに住民たちが暮らすマンション名は「キウンクエ蔵前」です。
キウンクエはイタリア語で、意味は「誰も」となっています。

意味深ですねえええ!
誰も殺していない(住民たちのなかに犯人はいない)のか、誰も生き残れない(住民たちは皆殺されてしまう)のか。

それとも『そして誰もいなくなった』のオマージュなのか。

だとすると、首謀者Xは殺されていく被害者たちの中にいるということになります。
キウンクエ蔵前の住民たちを皆殺しするために、管理人が仕組んだ壮大な罠「犯人は竹中直人」という可能性もあるかと…。

蔵前に何か地名以外に暗号が隠れていないか考えているのですが、今のところ思いつきません。
閃いた方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください~。

スポンサーリンク

「あなたの番です」各話のあらすじネタバレ

「あなたの番です」各話のネタバレは以下から見てください。
くわしくネタバレしています~。

→1話の詳しいあらすじネタバレ このページです^^

→2話の詳しいあらすじネタバレ

→3話の詳しいあらすじネタバレ

→4話の詳しいあらすじネタバレ

→5話の詳しいあらすじネタバレ

→6話の詳しいあらすじネタバレ

→7話の詳しいあらすじネタバレ

8話の詳しいあらすじネタバレ

→9話の詳しいあらすじネタバレ

→10話の詳しいあらすじネタバレ

見逃し配信は下記をチェック!
各部屋の中がのぞけるオリジナルストーリー「扉の向こう」も配信中ですよ~^^
日テレドラマ

スポンサーリンク

「あなたの番です」登場人物紹介

302号室
手塚菜奈(原田知世)
スポーツウェアのデザイナー。49歳の年上女房。優しくてしっかり者でミステリー好き。一途に愛してくれる翔太に対して愛しさと決して埋まることのない年齢の差への葛藤を感じている。
手塚翔太(田中圭)
スポーツジムのトレーナー。34歳の年下夫。少し頼りないながらもまっすぐで温かい性格。菜奈を飼い主のように慕うコロ犬系夫。

101号室
久住譲(袴田吉彦)

102号室
児嶋佳世(片岡礼子)
児嶋俊明(坪倉由幸)

103号室
田宮淳一郎(生瀬勝久)
早期退職した元エリート銀行員。真面目過ぎて融通がきかない面も。
田宮君子(長野里美)

104号室
石崎洋子(三倉佳奈)
石崎健二(林泰文)
石崎文代(田村海優)
石崎一男(大野琉功)

201号室
浮田啓輔(田中要次)
妹尾あいり(大友花恋)
柿沼遼(中尾暢樹)

202号室
黒島沙和(西野七瀬)
理系の女子大生。いつも体のどこかをケガしている。

203号室
シンイー(金沢美穂)
中国人留学生。

クオン(井阪郁巳)
ベトナム人でシンイーの恋人。不法滞在している。

イクバル(バルビー)
バングラデシュ人。SE。

204号室
西村淳(和田聰宏)

301号室
尾野幹葉(奈緒)

304号室
北川澄香(真飛聖)
シングルマザーのラジオパーソナリティ。
北川そら(田中レイ)

401号室
木下あかね(山田真歩)

402号室
榎本早苗(木村多江)
専業主婦で住民会の会長。やや押しに弱いが、明るい性格。
榎本正志(阪田マサノブ)

403号室
藤井淳史(片桐仁)
大学病院の整形外科の勤務医。独身。

404号室
江藤祐樹(小池亮介)
IT起業家。独身。

501号室
佐野豪(安藤政信)
謎の男。常に外階段を使って大荷物を運んでいる。

502号室
赤池美里(峯村リエ)
赤池吾朗(徳井優)
赤池幸子(大方斐沙子)
美里の姑。車椅子生活で美里に介護されている。

管理人
床島比呂志(竹中直人)DEAD!
図々しい仕切り屋で空気が読めない。住民から煙たがられている。

刑事
神谷将人(浅香航大)
水城洋司(皆川猿時)


細川朝男(野間口徹)

看護師
桜木るり(筧美和子

 

 

 

 

 

 

コメント