「あなたの番です反撃編」18話あらすじネタバレ&推理・考察!幹葉の戦慄タイムがむしろ楽しみになってきた件

「あなたの番です」あらすじネタバレ&推理

ラストに向けて怒涛のような展開を見せている「あなたの番です 反撃編」ですが、ようやく視聴が追い付きました!みんな、ただいま!!

一気見ヤバイ、心臓もちません…。
木村多江すげえええ(震)とか、神谷あああああ(涙)とか、リアルタイムで叫びたかったー!

が、まずは最新話について語らせてください。
今回もどこよりも詳しいあらすじネタバレと、どこよりもポンコツな推理&考察をお届けします!

娘がまだ幼稚園の夏休み中のため、12~17話のあらすじネタバレはのちのちアップしますね。
幼稚園児の前ではとても録画を見返せない、そんな攻めてる「あな番」が大好きですv

推理&考察だけ見てやってもいいぜ、という方は目次からとんでくださいね。

→1~10話の簡易ver.あらすじネタバレはこちら
→特別編のあらすじネタバレはこちら
→反撃編(11話以降)の簡易ver.あらすじネタバレはこちら
→この人が黒幕だったらイヤすぎるランキングはこちら

スポンサーリンク

「あなたの番です」17話からのヒキはこれ

尾野幹葉(奈緒)に変なモノを飲まされ、二階堂忍(横浜流星)が気を失って大ピンチ…!!
田宮淳一郎(生瀬勝久)もマンションの新住人・南雅和(田中哲司)に「あんた、人を殺したよね?」と包丁を突き付けられて大ピンチ…!!

スポンサーリンク

「あなたの番です」18話あらすじネタバレ

南は田宮の指に包丁で浅く傷をつけながら「殺したのか?」と詰問します。

暗がりで「証拠が…証拠があるんです!」と誰かの肩につかみかかった過去の自分を思い返して、「あの男は…その…」と何かを言おうとする田宮。

「男…?」と南がいぶかしげに聞き返したところで、翔太(田中圭)が南に話を聞こうと田宮の家に飛び込んできました。

包丁を握りしめている南を咎めようとした翔太に、南は「聞いてくださいよ。コイツ、人殺しなんですよ」と告げるのでした。

南の正体判明!すべては5年前の高知で始まった?

南は悲痛な表情で次のように語りました。

5年前、2014年8月2日、高知県香南市で当時小学3年生だった女の子が友人宅に遊びに行ったきり消息をたつ事件がありました。
台風12号が高知に接近する記録的な暴風雨のなか家族は懸命に捜索しますが、2日後、農家の作業小屋の中から少女は遺体で発見されます。

死因は鋭利な刃物で頸動脈を切られたことによる出血性ショック。
台風で外出する人が少なく目撃情報はゼロ、現場近辺では停電が起きて作動していた防犯カメラも少なかったため数年たっても犯人は特定されず事件は迷宮入りしています。

「それ、穂香ちゃん事件のことですよね?!」

そう問い返す田宮に、南は「お前がうちの娘の名前を口にするんじゃねえ!!」と激昂します。
南はそのとき犠牲になった少女・穂香ちゃんの父親だったのです。

事件の日、穂香ちゃんが木にひっかけてしまった帽子をとってくれた男がいました。
駆けつけて礼を言った南に、「昔は木登りも得意だったんですけどね。サルなんて呼ばれてて」と尻もちをつきながら笑った男。

事件のあと、南はその男を怪しんでずっと探していたのです。日テレドラマ

包丁をふりまわす南と田宮のアリバイ

通報するかと問い掛ける翔太に、南は「警察やパトカーじゃなく、救急車で行ってもらう」と田宮に向かって包丁をふりかざします。

途中から部屋に戻ってきて話を聞いていた君子(長野里美)は、「うちの主人に何するんですか!?」と南の頬をたたきました。

あの高知豪雨の日のことならよく覚えている、田宮は浸水で避難してくる人たちに銀行の2階を開放して陣頭指揮を一晩中とっていた。

君子はそう言って、南に新聞記事の切り抜きを突き付けました。

呆然とする南に、田宮は自分もあの日のことをよく覚えていると告げます。
日中、融資先へのあいさつ回り中に穂香ちゃんと出会った田宮は、事件後にテレビや新聞で穂香ちゃんの写真を見て「あ、あの子だ」と気付いていたのです。

それからは2人で心配して毎日ニュースを見ていた、という君子。
南は「ごめん、穂香。パパ、また間違っちゃった」と涙を流し、田宮にも土下座をして詫びるのでした。

南が事故物件住んでみた芸人となったワケ

その頃、沙和は連絡のつかない二階堂を案じていましたが、翔太は二階堂のことまで頭がまわる状態ではありません。

南を部屋に送りながら、翔太は犯人を捕まえたい気持ちは自分もよくわかるがどうして高知からここに来たのかと問い掛けます。

502で殺された遺体が笑っていた、さらに201の住民も笑ったまま死んでいたという情報をつかみ、ここに引っ越してこようと決めたと南は言いました。

なぜなら、穂香ちゃんの遺体も笑っていたからです。

南は翔太を部屋に通し、穂香ちゃんの写真を見せました。
もともと売れてはいなかったが、事件後は仕事もそっちのけで犯人探しをしていると自嘲します。

それでも、食べていかないと犯人探しもままならないため、事故物件住んでみた芸人として似たような事件を調べては、実際にその物件に住んで生活費を稼ぎつつ情報を集めていたのです。

一番の情報源は、穂香ちゃんの事件を担当した刑事
定年退職してからも事件のことを調べ続けていて、今年の5月くらいに東京のマンションで笑う遺体が出たと知らせてくれた、と南は言います。

近所の駐車場付近で煙草を吸っていたのは、やはり南でした。
下調べをしているうちにどんどん人が死んでいくので、絶対に何かあると思って引っ越してきたのだと語る南に、翔太は疑問を抱きます。

芸人としてのネタ探しのために内山達生(大内田悠平)をつけていた、と南が言ったからです。
つけていただけでなく、内山と喫茶店で話したことをどうして隠していたのかと翔太は南を問い詰めました。

日テレドラマ

5年前、高知にいた意外な人物

あんたも奥さんを殺されてる人だから話すけど…と前置きをした上で、南は沙和を調べるために内山と会ったと打ち明けました。

沙和も高知出身だと聞いて、驚く翔太。

進学のために上京したのなら、5年前にはまだ高知にいたはず。
5年前の高知とこのマンションのどちらにも登場する人物が田宮と沙和だ十二分に怪しいと南はにらんだのです。

病院の警備員にふんして沙和の両親にカマをかけたところ、沙和は高知豪雨の日にはずっと家にいたことがわかりました。

昼から来ていた家庭教師のマツイ先生が豪雨で帰れなくなったので、模試の前だからと朝まで勉強をみてもらったと聞き、南は沙和を疑いから外して内山に切り替えたのです。

南は、喫茶店で内山の脇腹にハサミを突き付けてアリバイ証明をせまりました。

母親に電話をかけて「2014年8月2日って、オレ、広島のじいちゃんちにおったやろ?」と尋ねた内山に、母親は「2014年は、あんた高1やね。ああ、豪雨の日やろ。あんた、おじいちゃんちやったわ」と答えます。

それでもあきらめ切れなかった南は、内山をつけまわしていて翔太に見つかったのでした。

田宮もシロで手掛かりがなくなったと落胆する南に、翔太は菜奈も笑っていたことは調べずみかと尋ねます。そして、いま初めて知ったという南に情報の交換を持ち掛けました。

今回の会いたいよタイム 南のケーキが泣ける><

翔太は自分の部屋に帰って南から借りた資料を開きながら、南が田宮に襲いかかったときのことを思い返してAI菜奈ちゃんを起動します。

犯人を見つけたらどうすると思うかと問い掛ける翔太に、AI菜奈ちゃんは「翔太くんは優しい人だよね」と返しました。

「なにするかわかんなくて自分がコワイんだよ」
「最近、ずっと怒ってるよ」

AI菜奈ちゃんは「怒ってても、抱きしめる人。それが手塚翔太」と言います。

菜奈の戸籍上の夫である朝男(野間口徹)を怒りながらも抱きしめたときのことなど、菜奈がいた頃のことを次々と思い返して涙に暮れる翔太。

その頃、南も自室で穂香の写真と向き合っていました。

写真の前には、男の1人暮らしには少しそぐわないショートケーキ。
南は目に涙をためて、「誕生日おめでとう」と写真に向かって語りかけるのでした。

日テレドラマ

二階堂の救出と幹葉の小箱

翌日、翔太のところに沙和がやってきました。
昨日一緒に帰ってきてから連絡がとれなくて心配だと言う沙和。

最近は必ずおやすみのメールをくれていたという沙和に「大丈夫だよ」と返す翔太でしたが、そのとき二階堂のシャツを羽織った幹葉が部屋から出てきました。

その服は二階堂のものだという沙和に「はい、借りてます」と幹葉はこともなげに笑顔で答えます。
そして、なぜかと聞く翔太と沙和を「本人に聞いてみます?」と部屋に通しました。

幹葉の部屋へと入ると、リビングのソファには上半身裸の状態で寝ている二階堂の姿が…!

翔太に揺り起こされて目が覚めた二階堂に、幹葉は笑顔で「おはよう、しーくん」と寄り添います。
あわてて誤解だと立ち上がった二階堂でしたが、ふらついて床に倒れ込んでしまいました。

「どーやんに、なにしたの?!」

声を荒げる翔太に幹葉は「なにしたとか聞きます?ヤラシイ…」とごまかそうとしますが、翔太も沙和もごまかされません。

沙和は「脱いでください。二階堂さんの服、返して!」と詰め寄り、幹葉からシャツをもぎとって、二階堂の荷物をかき集めます。

翔太が二階堂を支えて立ち上がらせますが、二階堂が棚をつかんだひょうしに小さな箱が落ちて中身が転げ出てきました。

時計、金ボタン、指輪、カギなどに混じって、菜奈のものであろう黄色いボタンも…。
幹葉は「ちょっと…!!」と焦った声を出して箱の中身を拾い集めますが、翔太たちはそれどころではなく気が付きません。

もうろうとした状態で「あの…」と沙和になにか言おうとした二階堂に、沙和は「信じてます」と返します。
キャミソール姿で1人取り残された幹葉は、その沙和の言葉に不穏な目で顔を上げて先ほどの小箱に頬を寄せるのでした。

久住の記憶喪失を疑うもの・喜ぶもの

久住譲(袴田吉彦)は刑事に見張られたまま、相変わらず久住としての記憶が戻らないふりをして過ごしています。

記憶が戻れば、事故にせよ故意にせよ自分のすぐ横で人が死んだことを自覚するはずなので、注意して見守っていると担当刑事は水城洋司(皆川猿時)に報告しました。

現場にあったナイフから久住の指紋が確認されたものの、被害者の細川には刃物による傷はなく、ナイフの発見場所もエレベーターから遠かったことがネックとなっています。

記憶の回復なんて待っていられないと水城がうなっていたころ、久住のもとには同じく待っていられないという柿沼遼(中尾暢樹)と妹尾あいり(大友花恋)を連れた西村淳(和田聰宏)が来ていました。

「本当はもう元に戻ってんだろ?」と言う遼と、「お前、これから一生袴田吉彦として生きていくつもりか!?」と久住の襟元をつかむあいり。

乱暴しないようにと西村がなだめに入りますが、「じゃあ、犯人探し手伝うなんて言うな」と遼にバッサリ言われてしまいます。
あいりがドライバーを久住に突きつけ「口、開けろよ!」ともみあっていると、佐野豪(安藤政信)が通りがかりました。

「袴田吉彦です、助けてください!」と助けを求める久住でしたが、佐野はそそくさとその場を逃げ出してしまいます。

あいりたちに連れ去られる久住をそっと見送った佐野は、エレベーターに乗り込んで「記憶喪失?やった!」と小躍りするのでした。

日テレドラマ

内山動画が撮られた場所を探れ

ジムのスタッフルームで、犯行について語る内山の映像を見返していた翔太。

二階堂から電話が入り、医者に睡眠導入剤を飲んだかと聞かれたので幹葉に出されたお茶の中に入れられていたのだと思うと報告を受けます。

翔太との電話を切った二階堂は南の資料をAIに入力しながらも、もうろうとした意識の中で聞いた
「見ちゃったんです。手塚さんが入院しているとき、黒島さんが…」という幹葉の言葉に悩まされていました。

翔太は、外のベンチで水城とイヤホンをわけあって内山の映像を見ています。
映像の中で小さく鳴っている何かのメロディ。

翔太は「時間です」と外灯に取り付けられたスピーカーに注意を促します。
すると、映像の中と同じメロディが流れ始めました。

確認したら墨田区内のみで使われているチャイムだった、と翔太は言います。

内山のアパートは江戸川区。
つまり、
この動画は内山の部屋ではないところで撮られた可能性が高いということです。

うちのマンションからも聞こえるという翔太に、水城は解析が進めば音量などから建物が絞り込めると思うと請け負います。

一生服従させるための強烈な弱み

水城は「私からも1ついいですか」と、菜奈が生前最後に電話をかけた場所が藤井淳史(片桐仁)が勤める病院のナースステーションであることを明かして心当たりを聞きました。

翔太は、藤井の彼女が塩化カリウムについてとても詳しかった、看護師だから当たり前だと思っていたけれど気になると答えます。

そして、水城と別れた翔太は1人で藤井の部屋を訪ねました。

居留守を使って「前からしつこいんだ、あいつ」とグチる藤井に、桜木るい(筧美和子)は「殺しとく?」とこともなげに言います。

簡単に殺すという言葉を口にする桜木を普通ではないと注意する藤井でしたが、「それは先生のことが好きだからでしょ」「普通の好きじゃないでしょ、結婚するんだから」と言われてしまいました。

「結婚!?」と驚く藤井に、桜木は「やっぱ結婚相手には一生服従してほしいし、そのためには強烈な弱みを握っておかないとね」と藤井の頭をわしづかみにするのでした。

日テレドラマ

それぞれが抱く「疑念」のタネ

翔太と二階堂は、今日も鍋をつつきながら事件について話しています。

二階堂は、内山の動画について自分も気になる点があったのだけれど幹葉になにかを飲まされたせいなのか思い出せないと告げました。

あの動画がこのマンションで撮られたのだとするとどの部屋だと思うかという翔太の問いかけに、二階堂は空き部屋の303か…と考えを巡らそうとします。

が、内山と知り合いだった沙和の部屋も可能性があると翔太は指摘しました。
翔太に異議を唱えつつも、二階堂の頭の中を「本当に黒島さんなんですよ。あの娘が手塚さんの奥さんを殺したんです」という幹葉の声がかけめぐります。

ジムで桜木のトレーニングコーチをしたあとで、翔太は自分の妻に会ったことはあるかと桜木に問い掛けました。
藤井から話は聞いているけれど会ったことはないという桜木に、亡くなる直前に藤井が勤める病院のナースステーションに電話をかけたらしいと翔太は踏み込みます。

名前を言ったなら記録には残っていると思うと桜木は答えました。

それは警察が確認済なのだけれど、その電話を受けたのが桜木だったりしないかと翔太はさらに問いますが、電話を受けた担当者も記録してあるので、私が警察に話を聞かれていないということは別の人だと思いますと受け流されてしまいます。

桜木はなにくわぬ顔でその場を立ち去りながら、203号室で袴田吉彦の殺害について相談していたときに、菜奈が「シンイーちゃん?」と訪ねてきたときのことを思い返すのでした。

別れる2人・ぎくしゃくする2人

田宮は、劇場で1人考え込んでいます。
穂香のために涙を流していた南のことを考え、「誰にだって親はいるんだよな」とつぶやく田宮。

そこに東(阿久澤奈々)がやってきて、「この間、奥さんこわかったです」「でも、私、淳さんのもっと近くにいたいんです」と手を握ってきました。
しかし、田宮は嬉しいけれどもう無理なんだよと、そっと手を引き抜きます。

ここしばらく自分の本音は演技の中にあったように思う、それを現実に解き放たなくてはならないときがきたという田宮。

「君が私なんかを愛してくれたから、私は人が人を愛する尊さを思い出したよ。ありがとう」と礼を言って、劇場を去るのでした。

大学で二階堂の姿を見かけた沙和は駆けよって声をかけます。

幹葉に言われたことが気にかかるのか、ぎこちない態度の二階堂。
どうやら沙和から送ったメールにも返信していないようです。
お昼の誘いも「研究室でちょっと…」としどろもどろで断ってしまうのでした。

日テレドラマ

パズルの1ピース

そんなおり、帰宅してきた翔太は幹葉の家から二階堂の声がすることに気が付きました。

玄関ドアから中をうかがおうとしたタイミングで沙和から電話が入り、自分は二階堂に避けられているのでは…と絶妙のタイミングで相談されてしまいます。

翔太は急いで自室に入り、寝室のカベに耳をあてて幹葉の部屋の様子をうかがいますが、どうやらなにも聞こえない模様。

さらに、「二階堂さんから、なにか私のこと聞いてます?」「尾野さんのことが好きなんでしょうか」と沙和に問いかけられて動揺が隠せません。

沙和との電話を切ったあと、動揺を鎮めるためにAI菜奈ちゃんを起動した翔太は話の流れからカベに飾ったパズルの1ピースだけ周囲と色が違うことに気が付きます。

が、そのピースをはがそうとしている最中に、インターフォンが鳴って誰かが訪ねてきたため、作業は中断となってしまいました。

二階堂を訪ねるためなのか、沙和はエレベーターを待っています。
エレベーターの扉が開くとそこには、エレベーターのカベに抱きついている久住がいました。

体調を尋ねる沙和に久住は「住人のかたですか?」と記憶がないふりを通します。
沙和は久住の部屋が1階であることを告げて3階で降りますが、久住のほうをふり返ってドアが閉まる直前に鋭い視線を投げかけるのでした。

内山動画が撮られたのは幹葉の部屋…?

翔太の部屋のインターフォンを鳴らしたのは二階堂だったようです。
どうやら思い出せずにいた「内山動画について気になること」がなんだったのか判明したようで、PCを片手に押しかけてきました。

二階堂は内山の動画をPCに映し出し、さらにこれは今撮ってきた写真だと言ってケイタイ写真を翔太に見せてきます。

ケイタイ写真に写る二階堂と幹葉のツーショット写真に驚く翔太。
二階堂は両方の画像のカーテンをアップにして同じカーテンではないかと言います。

遅ればせながら「あ、あの、これは写真を撮るために仕方なく…」と言い訳する二階堂に「わかってるよ」と返しつつも、翔太はカーテンの柄に意識が釘付けです。

内山の動画は幹葉の部屋で撮られた可能性が高いということを突き止めた二階堂を、翔太は「どーやん、ありがとう!」と抱きしめて頬にキスをするのでした。

幹葉は普通じゃないと疑う気持ちが強まったところで、翔太は幹葉に「こういう捨てられ方したときの私、コワイから」と言われたことを思い出します。

菜奈が殺されたのはまさか自分のせいでは…と思い至った翔太に、二階堂はとにかく分析を進めますねと伝えるのでした。

日テレドラマ

沙和との仲直りと深まっていく疑惑

翔太の部屋を出た二階堂は、沙和と行き会います。
ちょうど二階堂を訪ねてきていたのです。

部屋に通された沙和は、避けられているのではと感じていることを二階堂に伝えました。
確かめたいことがあって頭がいっぱいだったと謝る二階堂でしたが、謝ってほしいわけじゃないと言われてしまいます。

沙和を抱きしめて頬にキスをする二階堂。
そして、「それでおしまいですか?」と誘うように言う沙和の唇にキスをするのでした。

けれど二階堂の気持ちとは裏腹に、二階堂のPCは沙和についての分析を進めていました。

部屋に1人になった翔太は、幹葉について今までのことを思い返していました。

そして、幹葉が自分の部屋に侵入していたこと、二階堂を救出したときに幹葉の部屋の小箱から黄色い小さなボタンが転がり出てきたこと、菜奈の服から同じ色のボタンが1つなくなっていることについに気が付きます。

「でも、なんのために…?」
幹葉の狙いがわからず、翔太は困惑するばかりでした。

住民それぞれの秘密と思惑

夜が明けて、田宮は出かけようとする君子に駅まで送ろうかと声をかけます。

「なんですか、急に」と訝しがる君子ですが、「ただ、お前と歩きたくなっただけだ」と言われてそんなことを言ってくれるのは何十年ぶりかと笑顔を見せました。

ただ、すぐに寂しそうな顔になって「私へのつぐないですか?」と聞く君子に、「つぐなわしてもらえることは、すべてつぐないたいよ」「これから大事な本番なんだ」と田宮は意味深な言葉を投げかけます。

遼とあいりは、仕事先の立ち食い給食店で久住について話し合っていました。
久住は警察が監視しているからあまり強引なことはできないという遼に、お湯をかけても警察に言わなかったのだから久住にはやはりやましいことがあるんだとあいりは主張します。

そのやり取りを聞いていたシンイー(金澤美穂)は、校長室にいる西村のところに行きました。
ところが、突然入ってきたシンイーに西村は大あわて。
「キウンクエ蔵前管理人日誌」と書かれたノートを急いで引き出しにしまいます。

しかし、シンイーはそのノートに気づいてしまうのでした。
休憩なのでコンビニに行くと出て行くシンイーを横目に、西村はノートをしまった引き出しにカギをかけます。

一方、マンションの外階段では、新管理人の蓬田蓮太郎(前原滉)が木下あかね(山田真歩)に「いくらあかねさんでも、スペアキーは貸せません!」ときっぱり断っていました。

この前は貸してくれたじゃんと食い下がるあかねに、1回ぐらいは貸しますけどくり返していたら捕まりますのでと言う蓬田。

さらにあかねは「お前の愛情はその程度なの?」と詰めよりますが、蓬田はスペアキーを貸す貸さないで試さないでくださいと突っぱねました。

日テレドラマ

久住の記憶喪失設定、エレベーター愛で崩壊

マンションに戻ってきた翔太は、佐野が珍しくエレベーターを待っているところを見かけました。
話をするのは初めてだと言って翔太は佐野に話しかけます。

翔太はあかねの集めたゴミコレクションの中にあった、5月11日に佐野のゴミ袋に捨てられていたという血のついたタオルについて佐野に尋ねました。

外階段では、あかねがなおも蓬田に食い下がっていますが、蓬田は「アラフォーの売れないライターの表現欲求とか興味ない」「気付いてますから。こうやって利用するために、管理人の俺が必要だっただけでしょ」と言い放ちます。

あかねは「バレてたか、ごめん」と素直に謝りますが、最初は利用するつもりだったけれど今は本気で蓬田のことが好きだと告げました。
だから私のすべてを好きになってほしいと抱きついてきたあかねを蓬田は受け止めます。

しかし、あかねはニヤリと悪い顔で笑うのでした。

翔太はエレベーターの前で佐野と話し込んでいます。
佐野は氷を削るドリルを見せ、不注意でケガして血が出ることもあると説明しました。

とりあえず納得した翔太はエレベーターに乗り込む佐野を見送ります。
が、久住が「佐野おおお!」と叫びながら走ってきました。

「てめえはアンジェリーナに乗るなって言ったろう!!」とすさまじい剣幕で襲いかかる久住に、佐野は「すいません!」「ごめんなさい!」と連呼。

「また変な内蔵汁まき散らすつもりか、おい!?」という久住に、佐野はあれからずっと階段を使っていたけれど今は久住が記憶喪失になったって言うから…と弁解しました。

その弁解を聞いて我に返った久住は固まり、翔太は久住に記憶が戻っているのかと問います。

ごまかしきれないと感じた久住はついに観念。
「はい、ただいま記憶が戻りました」と翔太に告げるのでした。

佐野の秘密がついに判明!もとやまみきこさんとは何者!?

その頃、「今回だけっすからね」と蓬田は501号室の前で念を押していました。
結局あかねにスペアキーを貸してしまったのです。

501号室に侵入するあかねと蓬田。
ひきちぎられ血のような染みがついたぬいぐるみ、肉塊、血の飛び散るカーテン、解体道具など、怪しげなものが散乱する室内の先に待っていたのは…。

囲いのなかで睨みをきかせる1匹のワニでした。
蓬田の悲鳴をきいて、威嚇をするワニとあわてて部屋に飛び込んでくる佐野。

佐野は「もとやまみきこさん」という噛みグセのあるワニを飼育していました。
友人から預かっているだけなので、強制退去にはしないでくれと佐野は蓬田に訴えます。

食肉加工の工場に出入りしていたのは、高額なエサ代をまかなうためにクズ肉を流してもらっていたからでした。たまに腐らせてしまったものを山に捨てに行くほどの量をもらっていたのです。

「クソぉ…!」とくずれおちるあかね。
こんな結末では本は売れないと、佐野に自著「ゴミソムリエの資格を取ろう」を献上して部屋を去ります。

日テレドラマ

自分の身を守りつつ、浮田の仇をうつ方法

その頃、翔太と久住のもとには遼とあいりが駆けつけていました。
久住の記憶が戻ったと知らせを受けたからです。

浮田啓輔(田中要次)のことを聞き出そうとする翔太たちに、久住は「皆さんのためにも、知らない方がいいと思いますよ」と言い渋ります。

何人も殺されているのに事件を解決しようとは思わないのかと久住に問いかけた翔太は、「あなた自身の罪を隠すために黙っているつもりですか」と糾弾しました。

久住はあれは事故だと虚偽の主張をした上で、真犯人をつきとめたせいで浮田は殺されてしまったと思っているので言いたくない、言ったら僕も殺されてしまう、この中にも犯人の仲間がいるかもしれないと証言を拒否します。

殺されるのが怖いのであれば、なおさら警察に伝えるべき。
それをしないのは、やはり自分自身の罪がバレるのがイヤだからではないか。
自分の身を守って、なおかつ浮田の仇をとるには警察に捕まることだ。

そう言って「自首してください」と翔太は久住にせまります。
久住はそれを苦渋の表情で承諾しました。

すみだ署では、水城が事件解決に向けて忙しく立ち動いています。
内山の動画についてなにかが判明したようですが、その内容を水城が確認する間もなく「水城さん!!!」と別の部下が大あわてで飛び込んできました。

マンションに戻った翔太、遼、あいりは、久住を監視している刑事に「久住さんは一緒では?」と呼び止められます。
記憶が戻って警察に自首しに行ったという翔太。

警察では水城が「自首をされる、ということでいいですか?」と念を押していました。
本当に人を殺したのかという問いに「はい」と答える1人の男性。
しかし、それは久住ではなく田宮でした

不敵な笑みのようなものを浮かべた田宮は、5枚のSDカードを水城に差し出します。

AIが示す犯人と新たな事件の勃発

その頃、翔太は二階堂と夕飯を食べていました。
幹葉が菜奈のボタンを持っていたと聞いて、二階堂は「猟奇殺人犯は、犯行の記念品をコレクションする傾向があります」と告げます。

どこか男らしくなった二階堂に沙和との進展を察した翔太は「うわ、清らかなカップルだと思っていたよ」と軽く衝撃を受けるのでした。

久住は歩く道すがら藤井に電話をして、自首すること、藤井たちのことは言わないので安心してほしいことを伝えています。
自首することを決断してからすごくスッキリした気分だという久住は藤井にも自首を勧めますが、話の途中で背後から注射を打たれてしまいました。

「地獄で袴田吉彦が待ってるよ」

注射を射ったのは桜木でした。
薬物らしきものを注入した上で久住の背中を蹴って歩道橋の階段から突き落としてしまいます。

そのとき、二階堂のPCが膨大な資料の分析を終えました。
犯人に89%マッチするとAIがはじきだした人物の名前は、黒島沙和。

翔太と二階堂が分析結果に衝撃を受けるなか、沙和が部屋を訪ねてきます。
その沙和を、幹葉が口になにかを含んだ状態で呼び止めました。

口から緑色の液体を勢いよく噴く幹葉…!
沙和に謎の液体を存分にあびせかけた幹葉は、笑顔で満足そうに口元をぬぐうのでした。

スポンサーリンク

「あなたの番です」18話ネタバレ感想

田宮に死亡フラグがたったかなと思ったのですが、久住でしたか…!!
アサシン看護師、マジ怖いです><

南の抱えている事情はおおむね予想通りでしたが、おなじく小さな娘をもつ身としてはかなりクるものがありました。切ない……。

田宮は演技のなかに本音があったと言っています。
今までの田宮の演技内容からすると、幼い女の子を助けるために自分の手を汚したという感じですので、穂香ちゃん事件の犯人ではないはずです。

その助けた女の子というのが沙和だったのでしょうか。
警察に提出したSDカードはおそらく監視カメラの映像ですよね?
なにが映っているのかなあ(わくわく)。

そして、幹葉が毎回やらかす背筋ぞくぞく系の言動がだんだんクセになってきました!
会いたいよタイムよりも、むしろ幹葉の戦慄タイムを待ち望んでいます。

今回もホラーで「いやあああ!こわいいいいいい!」と戦慄できました。
なにあの、緑の霧噴き!
来週はなにをやってくれるのか楽しみですv

スポンサーリンク

「あなたの番です」18話推理&考察!

内山履歴書の不整合に関する伏線回収きましたねー。

履歴書では平成27年に高校入学となっていますが、母親は2014年(平成26年)に内山が高1だったと言っていました。
平成26年入学だとすると、履歴書の高校卒業年度、大学入学年度はしっくりきます。

これで、飛び級などではなく履歴書が間違っていたことが確定しました。
問題は「なぜ履歴書が間違っていたのか」です。

内山の履歴書は入れ替えられている?

内山の履歴書では、携帯電話番号と住所の番地・部屋番号が同じという点も話題になりました。

水城はあの履歴書の住所を見て内山の部屋に駆けつけたのだと思われますので、部屋にたどりついたということは住所は正しく書かれていたわけです。

ということは携帯電話番号をテキトーに書いたことになります。
が、バイトの履歴書でウソの携帯電話番号を書いたらソッコーばれませんかね(汗)?
面接結果とかシフトとか、ケイタイに連絡くると思うんです。

つまり、面接時には正しい履歴書を提出したんじゃないかと考察しました。
あとからなんらかの必要性が出てきて、誰かが履歴書を入れ替えたということです。

実は人自体が変わっている(バイトしていたのは内山じゃなかった)というのも考えたのですが、あの場で元同僚の人たちが顔写真付きの履歴書を見ながら「うちやま」と口にしていたのでそれはないでしょう。

となると、住所・携帯番号・学歴・年齢などのうちどれを隠す必要があったのか…?

内山を切り捨てる(犯人として自殺させる)ことが決まっていたのなら、学歴や年齢や携帯電話などを詐称したところで警察が気付かないわけありません。

では、住所はどうでしょうか?
自殺時の住所と履歴書の住所が異なっていたら、おそらく警察は以前の住所も調べますよね。
履歴書をすりかえた人物はそれを避けたかったのではないでしょうか?

キウンクエ蔵前に住んでいたとか、黒幕と同じ家に住んでいたとか。
すり替える前の履歴書に、真犯人・黒幕につながる決定的な何かが書かれていたのでは。

たとえば、沙和の家ならば賃貸ではないので管理人に踏み込まれる心配がありません。
西村が経営するお店やその従業員用の寮などに住ませていたという線もありますよね…ううむ。

広島のじいちゃんち…あやしい!

それから、5年前の穂香ちゃん事件についての沙和・内山・田宮のアリバイって本当に成立しているんでしょうか?

穂香ちゃんがいなくなった当日のアリバイだけで無罪放免にしていいのかというのもありますし、内山に関しては当日のアリバイもあるんだかないんだか。

母親はじいちゃんちにいたと証言しているだけです。
「広島に住んでいるじいちゃん」の家にいたかどうかはわかりません。

片方の祖父が広島にいて、もう片方の祖父は高知にいたということも考えられますし、祖父の名前が広島だったということも考えられます。

なにより、電話のときの内山の悪い笑みが怪しい!!!

沙和が黒幕じゃない的な展開が思ったより早くきたので、逆に沙和が黒幕である可能性はかなり低くなったと思います。
ということは、内山は誰かに「人を殺すと沙和が喜ぶ」とウソを吹き込まれているのでしょうか。

スポンサーリンク

「あなたの番です」各話のあらすじネタバレ

「あなたの番です」各話のネタバレは以下から見てください。
くわしくネタバレしています~。

1話 2話 3話 4話 5話

6話 7話 8話 9話 10話

特別編

11話 12話 13話 14話 15話

16話 17話 18話

見逃し配信は下記をチェック!
各部屋の中がのぞけるオリジナルストーリー「扉の向こう」も配信中ですよ~

hulu

今回の配信は501号室・佐野の部屋です。
ワニの本山幹子さんとの生活が描かれています。
本編での佐野の怪しい行動のネタバラシとなっていますが、イケメン台無しの情けない男っぷりにちょっと母性本能くすぐられました。
本山幹子さん、佐野さんを食べちゃダメですよwwwww

コメント