「あなたの番です」3話あらすじネタバレ&次回推理 タナカマサオの正体判明!

「あなたの番です」あらすじネタバレ&推理

とあるマンションの住民たちが交換殺人に巻き込まれていく、田中圭の可愛らしさが唯一のオアシスなノンストップ・ミステリー「あなたの番です」第3話のあらすじネタバレです。

ゴールデンウィークのため2週連続でリアルタイム視聴を逃したので、「どんな展開になってるのおお??」と気になってそわそわが止まりません!

次回の録画&他サイト様のネタバレを見たい欲望と戦いつつ、まずは3話のあらすじネタバレをいつも通り詳しくネタバレしていきます。

→全話の簡易ver.あらすじネタバレはこちら

スポンサーリンク

「あなたの番です」2話あらすじネタバレ&推理おさらい

3話のあらすじネタバレに行く前に、2話のあらすじと推理をふり返っておきましょう!

田中圭演じる翔太が愛らしすぎて、逆に「これは翔太が犯人なのでは」というイヤな予感がしてきました。どうか違いますように!

「あなたの番です」2話あらすじネタバレ

管理人(竹中直人)の死は、病気を苦にしての自殺という線が濃厚で「事件性はない」と警察には判断されました。

手塚翔太(田中圭)は他殺の線もあるのではと推理をしたがっており、住民会で行なわれたそれぞれの殺したい相手を教え合うゲームについて知られたくない菜奈(原田知世)は気が気ではありません。

臨時で行なわれた住民会でも、ゲームと管理人の死になにか関係があるのでは…と参加者たちが疑心暗鬼になり、ピリピリモード。
マンションの掲示板に、ゲーム時に誰かが引いたと思われる「管理人さん」と書かれた紙が貼られていたことが明らかになり、よりいっそう動揺が広がります。

死んでほしい人を殺してもらった人は、自分もゲームで引いた紙に書いてある人を殺さなければルール違反だ。

自分は管理人の名前ではなく大学で同期だったDr.山際の名前を書いたと明かした上で、そう言って住民たちを責めた藤井淳史(片桐仁)でしたが、後日、そのDr.山際が他殺体で発見されてしまいました。

「あなたの番です」という脅迫めいた手紙が届くようになり、藤井は次第に精神的に追い詰められていきます。
そして、ついには自宅の洗濯機の中にタオルにくるまれた人の頭部のようなものを発見してしまい、悲鳴をあげるのでした。

「あなたの番です」2話終了時点での推理!

3話の公式あらすじで、藤井が意外な真実にたどりつくとありました。
探偵役以外が真実にたどりつくと口封じされてしまうのがミステリーのお約束ですので、3話で殺されてしまうのは藤井と予想しています。

加えて、管理人」さんと書かれた紙は、住民会でのゲームで使われたものとは別のもの、この紙に管理人さんと書いて掲示板に貼ったのは田宮淳一郎(生瀬勝久)と推理しました

スポンサーリンク

「あなたの番です」3話あらすじネタバレ

洗濯機の中にタオルにくるまれた人の頭部らしきものが入っているのを見た403号室の藤井淳史(片桐仁)は、その正体を確かめることなく部屋を飛び出します…!

自分も殺さなければルール違反

エレベーターのボタンを押すものの、なぜか4階で停止したまま反応がありません。
非常階段から逃げようとすると、そこには人の頭がすっぽり入りそうなクーラーボックスを抱えた501号室の佐野豪(安藤政信)がいました。

階段を駆け下りていくと、今度は301号室の尾野幹葉(奈緒)に出くわします。

あまりに怯えた様子の藤井に「もしかして部屋にDr.山際の生首があるとか?と冗談めかして言った幹葉に「うん、ある」と思わず返事をしてしまう藤井。

あわてて否定しますが、幹葉に生首があったら犯人に決定だと言われたことで、おそるおそる自宅に戻って洗濯機の中のモノの正体を確かめることにします。

洗濯機の中はからっぽになっていましたが、代わりにゲーム時に藤井が書いたらしき「山際祐太郎」と書かれた紙が床に置かれていました。

死んでほしい人を殺してもらったら自分も殺さなければルール違反だという、藤井自身の言葉を思い返して藤井は吐き気を催します。

そんな藤井をあざ笑うかのように、先ほどは動かなかったエレベーターが1階に到着し、中から降りてきた人物がゆうゆうとマンションから出て行きました。

そして、掲示板にはルールはちゃんと守りましょう」という貼り紙が…。

住民たちの怪しい動き

Dr.山際の遺体は、頭部がないだけでなく指紋も焼かれていたようです。
雑誌の記事を熱心に読んでいた翔太は「身元を隠ぺいして捜査の進行を遅らせようとしている」「計画的な犯行」「犯人は深い怨恨が」とまたしても推理を始めます。

菜奈は推理に乗ってこないどころか、元気がなく上の空です。

そんな菜奈を心配して抱きしめながら「どっちのお腹が鳴ったかわかんない距離にいつもいたいね。隠しごととかもしない、絶対」と言う翔太に、菜奈は複雑な表情を浮かべるのでした。

ゴミ捨て場にゴミを捨てに来た藤井は、Dr.山際の死について特集された雑誌がヒモでくくられて捨てられているのを見て中を確かめようとしたところを、清掃係を押し付けられた401号室の木下あかね(山田真歩)に見咎められます。

一方、1階でエレベーターを待っていた103号室の田宮淳一郎(生瀬勝久)は、やってきたエレベーターに乗っていた101号室の久住譲(袴田吉彦)と出くわしました。

エレベーターが開いた途端に手にしていたドライバーをあわてて隠したり、1階に着いたというのに「何階ですか?」などと田宮に聞いてきてエレベーターから降りようとしないなど、久住は不審な動きを見せます。

そんな久住に「降りないんですか?」と訝しげに尋ねてエレベーターから降ろしたあと、田宮は「今夜、空いていますか?」と久住に声を掛けました。

駐車場では、201号室の浮田啓輔(田中要次)、妹尾あいり(大友花恋)、柿沼遼(中尾暢樹)の3人が車のトランクに積まれたブルーシートに覆われた段ボール箱を確認しています。

その様子を見ていた304号室の北川そら(田中レイ)の気をそらすように、あいりは「そらくん、保育園行かなくていいの?」と尋ねました。
そらは道端にしゃがんでパソコンを確認しながら携帯電話で話をする北川澄香(真飛聖)の前にそっと立ちますが、澄香は気にも留めずに通話を続けています

怒りの表情で何か言おうとしたあいりを、遼が「言いたいことがあるならよお、ガキがいねえときにしろよ。ガキの前で母親を怒鳴ったら、あのガキを傷つけるだろ」と止めました。

502号室の赤池美里(峯村リエ)は今日も姑の幸子(大方斐沙子)のお世話です。
幸子は自分でわざと車いすのストッパーを外して坂道を下って転びますが、「吾朗(徳井優)には言わなくて大丈夫だからね。ストッパーかけ忘れたなんて言ったら、美里さんが怒られちゃう」と嫁をかばう優しい姑を装います。

美里はあいまいな笑顔で対応しながらも、幸子を憎悪のこもったような目で見上げるのでした。

藤井への執拗な脅迫と疑惑の目

藤井は次々に届く「あなたの番です」という手紙に頭を抱えています。
あまりの様子のおかしさに、普段は冷淡に対応してくる看護師の桜木るり(筧美和子)にすら「問題起こすんじゃねえぞ、藤井」と心配(?)されてしまう始末です。

マンション内でも、藤井の立場は悪くなる一方。
藤井がDr.山際を殺したんじゃないかと住民たちが噂しているようです。

402号室の榎本早苗(木村多江)からそのことを聞いた菜奈ですが、Dr.山際の一件をテレビニュースで見たときの藤井のリアクションからしてそれはないのではないかと意見します。

管理人や山際の死と「あのゲーム」は本当に関係がないのか。
住民に怪しい人はいないかと、心配する早苗に「いない…かな」と答えるものの、菜奈自身がその答えに納得していない様子を見せるのでした。

住民たちの間の不協和音

自宅で児嶋キッズ・イングリッシュ教室をやっている102号室の児嶋佳世(片岡礼子)が生徒たちを見送っていると、104号室の石崎文代(田村海優)と一男(大野流功)がランドセルを背負って通りがかりました。

そのまま自宅に入ろうとした2人を呼び止めた佳世は、最近教室をお休みしているけれどどうしたのかと手を握って問い掛けます。

「風邪って言いなさいってママが言ってたと言う一男を文代が慌てたように追い立てて、2人は自宅へと入っていってしまいました。

夜、翔太が帰宅するも菜奈は不在です。
臨時の住民会に出るとのメモがテーブルの上に残されています。

住民会の参加者は、早苗、久住、田宮、104号室の石崎洋子(三倉佳奈)、浮田、幹葉、美里、そして菜奈でした。

今回の住民会は、根拠のない噂で藤井を傷つけるのはやめようと伝えたくて田宮が招集したそうで、浮田はそんなことで住民会を開くなとご立腹です。

住民たちの誰かが管理人とDr.山際を殺したのではと皆が疑心暗鬼になるなか、早苗が藤井が誰かから脅迫を受けているということを明かして預かっていた脅迫状を取り出しました。

「殺人教唆」と書かれた脅迫状について、「山際祐太郎を殺した人が藤井さんに送ったものだとしたら、あなたも私と同罪ですっていう意味かと」と菜奈が解説したことで、「そんなこと言ったら、そもそもあのゲームに参加した全員が殺人教唆になりますよ」と田宮が言いだします。

脅迫状を送ったのは、今回住民会に来ていない202号室の黒島沙和(西野七瀬)、203号室のシンイー(金沢美穂)、澄香も含め、ゲーム時にいた住民の誰かだろうと、皆はますます疑心暗鬼に陥っていくのでした。

住民たちのギスギスした雰囲気に、田宮は激昂
机を叩いた拍子に痛めたという手を自宅で冷やしています。

妻の君子(長野里美)は「仕事にぶつけていた情熱をぶつける、新しい何かを見つけてください」とカルチャーセンターのパンフレットを田宮に突きつけました。

謎の男・細川の目的は…!?

同じく自宅に戻った菜奈は、翔太から何の話だったのかと住民会について聞かれて適当なことを言ってごまかそうとします。

翔太は菜奈がウソをつこうとしていることを一度は指摘しますが、菜奈が仕切り直して再度「ゴミの分別」の話だったとごまかした際にはそれを指摘せずに話に乗りました。

ゴミ捨て場で清掃係の木下に怒られたことをきっかけに、独身でミュージカルを観に行くのが好きだという話を聞いたという翔太に「本当にすぐ誰とでも仲良くなるね」と感心する菜奈。

そんなことないと否定する翔太でしたが、後日、翔太からトレーニングの指導を受けながらその話を聞いた細川朝男(野間口徹)は「そんなことあるよ」と言い切りました。

細川は1話で引っ越してきたばかりの菜奈の後を尾けて、2話で翔太にトレーニングのパーソナルプランを依頼した男です。

細川は翔太を最初から馴れ馴れしかったと軽くディスりつつも、「それが翔のいいところだって」などと笑顔を見せ、すっかり翔太と打ち解けた様子です。

ですが、翔太が細川の方を見ていないときには不穏な顔つきで翔太を見ているのでした。

追い詰められていく藤井

久住の部屋に藤井がやってきます。
ノートを差し出し、「あなたの番です」と書くよう久住に強要する藤井

洋子はすでにノートに書かされた後のようです。
玄関から顔を出して藤井と久住の方を見たものの、怯えた様子ですぐにドアを閉めて部屋に入ってしまいました。

久住の字と脅迫状の字を見比べて、一致しないことに藤井は落胆します。

脅迫状を書いた人物を探しているようですが、精神的にかなり追い詰められている様子で突然歌いだしたり、くってかかったりと、挙動不審です。

そしてついに、あの交換殺人ゲームで藤井が引いた紙に書かれていた「タナカマサオ」が誰なのか、どこにいるのかを探し始めました。

シンイーが働くブータン料理屋で、ビールを飲みながら他の客をジロジロと見る藤井の顔は見るからにイッちゃっています。

店長のドルジがシンイーを厨房に呼んで執拗に部屋に誘っている間に、藤井はお店の客に名前を聞き、「もしも、タナカマサオさんだったら殺しちゃうかもですけど」と暴走。

心配してブータン料理屋に駆けつけた菜奈、早苗、久住の3人が、藤井の話を聞くことになります。

そのため、翔太が帰宅したときに菜奈はまたしても不在で、メモがテーブルの上に残されているという状況になってしまうのでした。

「タナカマサオ」は誰!?

ゲームで引いた紙に書かれた人物を藤井が探していると知って、菜奈たちはどうするつもりなのかと藤井を問い詰めます。

ただ顔を見たいだけだと言いながら、テーブルに水を注ぎにきたシンイーにも「タナカマサオ」を知っているかと聞くなど藤井はタナカマサオ探しをやめません。

シンイーは「日本人の友達いないじゃん」と藤井を軽くあしらいましたが、気になるようで菜奈たちとの話し合いを厨房からうかがっています。

菜奈は「今度は自分が殺さなきゃいけない番だとか思ってませんよね?」「心配しています」と藤井に伝えますが、洗濯機の一件から山際を殺した犯人がマンション内にいると確信している藤井は「あんたらのことも信用していない」と突っぱねるのでした。

田宮の隠しカメラ

マンション内の不穏な空気と住民たちの疑心暗鬼を解消したい。

そう考えた田宮は「世直しのため」だとマンションの共用部分のあちらこちらに隠しカメラを設置して、まず何が起きているのかを把握しようとします。

そんな田宮をあざ笑うように、住民たちの間の空気はますます不穏なものに…。

幸子にまたしても理不尽な難クセをつけられた美里は、夫の吾朗にまで「年寄りを泣かせて楽しいか」と言われてついにマンションの住民たちが何人もいる前でキレてしまいます。

吾朗に「大きな声を出すなよ、みっともない」とたしなめられて謝りはしたものの、美里の家庭がうまくいっていないことはマンションの住民の知るところとなりました

一方、翔太は外出の誘いも、婚姻届けを出そうという願いも、夜の誘いも菜奈に断られてすっかりすねてしまいます。

が、無理じいせずに「満たされない欲求を食欲に置き換えることによって、満たす!」とレタスを丸かじりする翔太を見て、菜奈は「よし、おいで!」と笑顔で受け入れました。

翌朝すっかりご機嫌で家を出た翔太に、幹葉はまたしても手作りのカミナリおこしをプレゼントしてアピールします。

そして、藤井には脅迫状ではなく、ケイタイにメールが届くように…。

藤井が山際への殺意を語った際の音声データや、顔を隠した脅迫犯からの動画などが送られてきて、ルール通りに行動しないのなら山際殺しの犯人に仕立て上げることをほのめかされ、藤井は激しく取り乱します。

田宮のカメラの及ばないマンション外でも、事態は動き続けているのでした。

「タナカマサオ」の正体判明!

さらに悪いことに、追いつめられた藤井の前に「タナカマサオ」が現れます。
患者として藤井の診察を受けに来たのです。

その正体は、シンイーが働くブータン料理屋の店長であるドルジでした。

コテコテの大阪のおっさんがブータン料理屋をやっても流行らないからと、ブータン人のふりをしてしていると言います。

夜になり、店の営業時間が終わって看板を片づけるドルジことタナカマサオの姿を、藤井が物陰から見ていました。

タナカマサオは、家に帰ろうとするシンイーをまたしても家に誘います。
シンイーが一緒に暮らしている恋人の不法滞在をネタに、関係を迫っているのです。

タナカマサオを振り切ってシンイーが店を飛び出したところで、藤井は店に忍び込んで手袋をした手で厨房から大きな包丁を持ち出します。

シンイーは同室のクオン(井阪郁巳)とデートをして自宅に帰ったところで、もう1人の同居人であるイクバル(バルビー)から「藤井が来て、シンイーと店長が仲がいいのかと聞かれたよ」と言われて顔色を変えました。

慌てて店に電話をかけ、「店長!ドルジさん!タナカマサオ!」と必死で呼びかけます。
床に倒れていたタナカマサオですが、眠っていただけだったのか起き上がって電話をとりました。

シンイーが自分の家に来る決意をしたと勘違いしたタナカマサオは、包丁が1本足りないことに気付きはしたようですが、煙草をふかそうと機嫌よくライターの火をつけてしまいます。

鋭利な刃物でスパッと切断されたガス管のような管から気体が出ているとも知らず…。
店はものすごい爆音と煙をたてて爆発したのでした。

脅迫の連鎖「あなたの番です」

田宮は隠しカメラで納めた画像をチェックしています。

美里が去ったあと、駐車場で1人で車いすを操ろうとして転倒する幸子。
その幸子に駆け寄って救助する何人かの住民たち。

さらに廊下などの映像を見ていた田宮は、何を見たのか驚愕で目を見開きます

そして、朝になり…。
シンイーはベランダの植木鉢に包丁が埋められているのを発見しました。

おそるおそる引き抜くシンイー。
包丁の刃には大きな字でこう書かれていました。

あなたの番です

スポンサーリンク

「あなたの番です」3話ネタバレ感想

今回も「1人ラブコメ要員」という大役を見事に果たしてくれた田中圭に乾杯!
原田知世を背中から抱きしめたときの身長差にグッときました。

久住が怪しい動きをしていますね。
藤井の洗濯機生首騒動のときにエレベーターから降りてきた後ろ姿も久住っぽい感じでしたし。

そして、このドラマはネタなのかヒントなのかわからない情報が多すぎて混乱しますね~。

沙和がいつもどこかしらに包帯を巻いているのはSM趣味があるからではないかだとか、浮田がドがつくMだとか、田宮が若い頃に劇団をやっていただとか…うううううむ。

菜奈が嘘をつくときのクセは「お祈りポーズのように両手を組む」、翔太が嘘をつくときのクセは「右の胸をかく」であろうことが示されましたが、これも「1話からこのクセをふまえて見直すとヒントがあるよー」なのかフェイクなのか。

悩ましい!
でも、2週分遅れているんで1話から見直しているヒマはないです!
これからは注目して見ていきたいと思います。

あと、吾朗ムカツキます!!
美里に自分の母親の世話をやってもらっておいて、あの態度。

そのあと幸子が転倒したときに吾朗がそばにいなかったのも、謎ですね。

果たしてタナカマサオは死んだのか。
やったのは藤井なのか。
その辺りがぼやかされているのも気になりますね。

次回が待ち遠しいです。
もう放送済なので可及的すみやかに見ます~。

スポンサーリンク

次回以降の推理!

結局、藤井はおじけづいて犯行に及んでいない気がします。
ですので、次回は藤井か、何かに気付いたらしい田宮のどちらか犠牲者になるのでは…!?

というか、「次回の被害者は藤井」という予想は3回連続です。
藤井には悪いけれど、そろそろ当たってくれえええ!!

スポンサーリンク

「あなたの番です」各話のあらすじネタバレ

「あなたの番です」各話のネタバレは以下から見てください。
くわしくネタバレしています~。

→1話の詳しいあらすじネタバレ

→2話の詳しいあらすじネタバレ

→3話の詳しいあらすじネタバレ このページです^^

→4話の詳しいあらすじネタバレ

→5話の詳しいあらすじネタバレ

→6話の詳しいあらすじネタバレ

→7話の詳しいあらすじネタバレ

8話の詳しいあらすじネタバレ

→9話の詳しいあらすじネタバレ

→10話の詳しいあらすじネタバレ

見逃し配信は下記をチェック!
各部屋の中がのぞけるオリジナルストーリー「扉の向こう」も配信中ですよ~^^

日テレドラマ

今回配信になったのは、502号室・赤池家の部屋です。
美里と幸子の嫁姑バトルと、吾朗の右往左往が1周まわって笑えます^^;

コメント