「あなたの番です」5話あらすじネタバレ&次回推理!袴田吉彦に感涙;;

「あなたの番です」あらすじネタバレ&推理

田中圭と原田知世がW主演のノンストップ・ミステリー「あなたの番です」のあらすじネタバレをどこよりも詳しくお届け!

4話のトラウマものな「ジュリアに傷心」に引き続き、衝撃的な展開となった5話のあらすじネタバレをいつも通り詳しくネタバレしていきます~。

→全話の簡易ver.あらすじネタバレはこちら

スポンサーリンク

「あなたの番です」4話あらすじネタバレ&推理おさらい

5話のあらすじネタバレに行く前に、4話のあらすじと推理をふり返っておきましょう!

「あなたの番です」4話あらすじネタバレ

シンイー(金沢美穂)が働くブータン料理屋でガス爆発が起き、店長のドルジこと田中政雄の遺体が発見されました。

ゲームで「タナカマサオ」と書いてしまったシンイーのところに「あなたの番です」という脅迫が届きますが、恋人をはじめ何人もの不法滞在外国人を部屋にかくまっているシンイーは警察に助けを求めることができません。

藤井淳史(片桐仁)が「タナカマサオ」と書かれた紙を引いたことを知っている菜奈(原田知世)、榎本早苗(木村多江)、久住譲(袴田吉彦)の3人は藤井を疑います。

一方、尾野幹葉(奈緒)から交換殺人ゲームのことを聞いてしまった翔太(田中圭)は、なぜ菜奈が自分にそのことを隠しているのかと悩んでジムの客である細川朝男(野間口徹)に相談をもちかけました。

しかし、実は細川は菜奈のクライアント会社の社長で、その会社のスタッフたちからは菜奈の「旦那さん」として認識されていることが明らかになります。

そんな矢先に新たな惨劇が起きました。

上の502号室から大きな音が聞こえたという早苗、同じくすごい声がしたという藤井と一緒に、翔太と菜奈が502号室を見に行くと、そこには…。

首を切られて絶命したらしい赤池美里(峯村リエ)と吾朗(徳井優)。
そして、生きてはいるものの頭にビニール袋をかぶせられた幸子(大方斐沙子)が!

幸子が気が触れたように「おー、まいじゅぅりああああ」と歌いだすなか、テーブルの上には「赤池美里」と書かれたプレートが飾られた血まみれのバースデーケーキが置かれているのでした。

「あなたの番です」4話終了時点での推理!

美里と吾朗を殺した犯人は美里、と推理しました。

また、隠しカメラで何やらショッキングな映像を見たらしい田宮は、死んだはずの管理人(竹中直人)が生きて動いているのを見てしまったのではないか。

つまり、すべての黒幕は管理人なのではと考えています。
ちょっと無理がありますかね^^;

5話の被害者は予告を見る限り細川かな…と感じましたが、さてどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

「あなたの番です」5話あらすじネタバレ

マンションの廊下で、翔太(田中圭)をはじめとする第一発見者たちは警察からそれぞれ話を聞かれることとなりました。

ケーキの上から消えたプレート

騒ぎを聞きつけて来たのか、301号室の尾野幹葉(奈緒)は翔太にベタベタと触って心配し、401号室の木下あかね(山田真歩)は騒ぎをじっと見つめています。

事件現場となった502号室では、警察が現場検証の真っ最中。

すみだ署刑事の水城洋司(皆川猿時)、神谷将人(浅香航大)もその中にいました。
ケーキの上のプレートはいつのまにかなくなっているようです。

部屋に戻った翔太は引っ越しをすることを提案します。

菜奈(原田知世)も1度はうなずきますが、引っ越してしまっては自分が名前を書いた人がこの先どうなるのか探れなくなると考えて、断りました。

ゲームでタナカマサオと書いたのは203号室のシンイー(金沢美穂)では…と考えていた菜奈は、赤池美里(峯村リエ)を殺したのはシンイーなのではと推理ノートに書き込みます。

赤池事件の概要

警察の調べによると、事件が発覚したのは2019年5月3日
大きな物音が502号室から聞こえたのは午後7時40分ごろだそうです。

美里たちの死因は頸動脈切断による失血死で、使われた凶器は刃渡り8~15㎝の刃物と推定されるものの、まだ発見はされていません

家族で1人生き残った幸子(大方斐沙子)は、ずっと何かブツブツと言っているものの質問にはまったく反応しない状況です。

マンションの住民たちで死亡推定時刻にアリバイが未確認なのは、201号室の浮田啓輔(田中要次)、柿沼遼(中尾暢樹)、妹尾あいり(大友花恋)、203号室のリン・シンイー、204号室の西村淳(和田聰宏)、301号室の幹葉、501号室の佐野豪(安藤政信)とのこと。

また、502号室から被害者以外にあいり、202号室の黒島沙和(西野七瀬)、203号室のイクバル(バルビー)、菜奈、404号室の江藤祐樹(小池亮介)の指紋が発見されています。

部屋に指紋があってアリバイがないのは、あいりです。

あのマンションはたたられていると、水城は神谷に塩が入った小袋を押し付けます。
神谷はあきれながらも「確かに」と塩を受け取りました。

先月管理人が自殺して、爆発事故で店長が死んだ店の店員と常連客が住んでいて、この常連客が今回の事件の第一発見者…と挙げていく神谷に、水城はどうしてこの辺りのことを皆に報告しないのかと疑問を投げかけます。

第一発見者の1人でもある402号室の榎本早苗(木村多江)の夫・榎本正志(阪田マサノブ)にプレッシャーをかけられたと神谷は答えました。

警部から警視への昇進を狙っている正志が、副署長が自分の出世を待っているから…と派閥をチラつかせながら神谷に圧力をかけたのです。

マンションでは、ゴミ捨て場にゴミ袋を捨てた佐野がタバコを一服。

それをひっそり静観していたあかねが「マンションの敷地内は禁煙ですよ」と急に声をかけると、佐野はあわててその場を立ち去ります。

そこで、あかねが佐野が捨てたらしきゴミ袋を開けると、何重にもゴミ袋に包まれた中から血で汚れたタオルが出てきたのでした。

殺人を犯したかもしれないものたちの思惑みだれる住民会

住民会では、菜奈がゲームのことを警察に言うべきだと主張しています。

参加者は菜奈のほかに、早苗、101号室の久住譲(袴田吉彦)、104号室の石崎洋子(三倉佳奈)、浮田、沙和、シンイー、幹葉、403号室の藤井淳史(片桐仁)の9人です。

ゲームと事件との関連について、ケーキに誕生日おめでとうも何も書かれていない「赤池美里」とだけ書かれたプレートが飾られていたと、菜奈は打ち明けます。

しかし、根拠はそれだけか、赤池夫婦を殺した人間がこの中にいるって言っているのと同じことだと藤井に責められてしまいました。

洋子も、警察に言うべきだとは思っているが、ゲームに参加したというだけでなにもしていないのに殺人教唆で共犯になるのはイヤだと言います。

ゲームで自分の名前を書いたと言っていたのに、自分が殺される心配よりも共犯にされることを心配している洋子に幹葉は「ちょっと犯人なのかなって」と笑顔でチクリ。

洋子が噛みつこうとしたところで、103号室の田宮淳一郎(生瀬勝久)が遅れて住民会にあらわれて「議題は?」と質問しました。

警察に言うかどうかは皆さんにお任せしますという田宮でしたが、田宮の意見も聞きたいと沙和が発言すると驚いたように目を見開きます

しばらくフリーズしたあと、沙和にうながされて「少し調べましたが、我々が捕まることはないんじゃないですか」と田宮は言いました。

ただ、全員がいったん犯人扱いされるかもしれません

そう聞いて皆がひるんだすきに、藤井は「住民全員が容疑者の殺人マンションて騒がれますよ」「無実だとしても、一生ネットに残ります」「資産価値も暴落」とたたみかけます。

茶化す幹葉に「犯人だから余裕があるの?」と洋子が言って場がもめるなか、シンイーと藤井が視線を交わしたことを菜奈は見ていました。

菜奈が感じている「こわさ」

警察はケーキ屋に美里、幸子、吾朗(徳井優)の写真を見せて、誰がケーキを注文したのかを聞き込み中です。

覚えていないという店員に予約表を持ってきてもらうあいだ、ショーケースのケーキを眺めていた神谷はバースデープレートに目をとめます。

住民会では、幹葉が警察にチクられると思って怯えている皆さんのほうがあやしいとやり返していました。

さらに、自分は何年もここに暮らす身として皆さんが殺人犯じゃないとわかるが、菜奈は新入りなのでわかっていないだけなので責めないであげてください、と言い放ちます。

浮田は田宮にカメラに犯人が映っていなかったのか聞きますが、田宮は最近もう録画はしていないと答えました。

そもそも赤池夫婦は殺されたのか、夫婦喧嘩がエスカレートしてって可能性もあると久住が言いだし、警察に任せるべき、警察に話すのなら全員の承諾をとるべきだと主張。

ゲームに参加していた304号室の北川澄香(真飛聖)が欠席しているのだから、いったん今日は保留ですねと藤井も応じ、話をまとめようとします。

菜奈は自分がつい名前を書いてしまったのは、いろいろあって嫌いな人だが、本当に殺されると思うと怖くて仕方ない、皆は「こわくないんですか!?」と訴えました。

警察に通報する?しない?

住民会を欠席している澄香は、自宅に帰ってきたものの息子のそら(田中レイ)の返事がなく姿も見えないことに顔をくもらせます。

マンションのエントランスでは、あかねが自分の部屋のポストを開けようとしたところで翔太が通りがかってなぜかビクッとポストのふたを閉じました。

ごまかすように「なんか大変でしたね」と話しかけるあかねですが、明るくミュージカル映画の話をする翔太に思わずあかねも笑顔になります。

住民会では早苗が通報するかどうかを多数決で決めましょうと提案して決を採りますが、藤井の「たった一度、偶然殺人事件が起きただけで、マンションの住民全員を容疑者にしたい人は挙手」という言葉に手を挙げたのは菜奈1人。

あと追いで早苗と沙和も手を挙げますが、結果は変わりません。

その頃、翔太を見送ったあかねは、鏡をどこかのポストの中に差し入れてポストの中身をのぞこうとしていますが、住民会から戻ってきた面々を見て、あわてて姿を隠します。

住民会の会場に残っていた菜奈・早苗・沙和でしたが、なにやら騒いでいる声を聞いて様子を見に行ってみると102号室の児嶋佳世(片岡礼子)の部屋の前に澄香とあいり・遼があつまってもめていました。

落ち着いて話そうというあいりと遼を振り切り、澄香は佳世の部屋のなかへと入り「そらにさわらないで!」「この女がそらを誘拐したの!」とヒステリックに叫びます。

佳世とそらは何度も遊んでいるし、自分とも遊んだことがあるとあいりは佳世をかばいますが、澄香は皆さんにお世話になっているのはわかっているがこの人はおかしいと言い切りました。

佳世はそらのことを「ヤスくん」と呼び、自分の用意した服を着せ、無断で床屋に連れて行って髪形を勝手に変えたと、澄香は言います。

「そらに誰の代わりをさせたいの!?」と、澄香はそらを連れて部屋を出て行きました。

浮田の告白と車のなかの密談

部屋で菜奈を待ちながら、菜奈がなぜ自分にウソをついてまで隠しごとをしているのかを考えていた翔太。

住民会があまりに長いと様子を見に行きますが、入れ違いで部屋は真っ暗です。
ただ、ホワイトボードにうっすら残った文字が見えてしまいます。

それは、藤井が書いた「殺人マンション!?」という物騒な言葉でした。

エントランスに戻った翔太は、西村に出くわして住民会についてたずねますが「住民会は今日じゃないと思いますけど」と言われてしまいます。

西村がカギのついたリングを指に通して音をたててまわしながら歩き去るのを見て、翔太は管理人が殺される直前に、管理室を見に行ったときに同じ音を聞いたことを思い出しました。

菜奈を探しにマンションの外にも出る翔太ですが、菜奈は見つかりません。
翔太が前を通り過ぎた車の中に、浮田、早苗、沙和とともに身をひそめていたのです。

コソコソさせたことを謝る浮田。
そして、実は自分がゲームの紙に「赤池美里」と書いたことを告白します。

自分はもちろん殺していないが、警察に相談すると自分が疑われるし、事件の夜のことを聞かれるとちょっとマズイと浮田は言いました。

そもそもなぜ美里の名前を書いたのかと聞かれた浮田は、美里が幸子にイヤミを言われている現場にあいりが出くわしたときの話をします。

美里をなぐさめようとしたあいりに対して、美里はあいりの風貌から「私、風俗嬢にアドバイスをもらわないといけないほど、困ってないんで」と言い放ったのです。

もめそうになった2人を浮田が止めたときから、住民会で顔を合わせても美里から無視をされ続けていたのだと浮田は言います。

「やられたことを、そのまんま自分よりさらに弱い人間にやるヤツはたくさんいる」

浮田の言葉に顔をくもらせる早苗と沙和。

だからって死んでもいいとは思っていない、犯人は捕まってほしいけど巻き添えはイヤだという浮田に、菜奈たち3人は警察には相談せず、自分たちのできる範囲で犯人をさぐるしかないという結論に達します。

警察の捜査進展は…?

警察では、いまだアリバイの確認がとれないシンイーと浮田・あいり・遼の4人についてくわしく調べているようです。

浮田は暴力団関係者で、過去に詐欺で何度か逮捕歴があり、口が達者でベラベラ嘘をつくらしいという報告を神谷がしました。

神谷はケーキについても引っ掛かりを感じています。

赤池美里が注文した記録が確認されたものの、ケーキの上にプレートが乗っていなかったことがどうにも気になっているのです。

一方、菜奈はシンイーが美里夫婦を殺したのではという疑いを消せず、シンイーの住む203号室を訪ねましたが誰も出てくることはありませんでした。

赤池家は親戚が来て引っ越しをしています。
幸子は介護付きの老人ホームに入ることになったそうです。

引っ越しを手伝う江藤を見て、菜奈は幸子にスポーツウェアをプレゼントした場に江藤も居合わせていたことを思い返します。

難しい顔をしている菜奈を見て、早苗は次の休みに気分転換に旦那さんも一緒に食事でもいこうと声をかけました。

103号室では、田宮が妻の君子(長野里美)に、グダグダ考えるのはやめてこれからは自分のやりたいことをやると宣言します。

病院では、藤井があるSNSのアカウントを削除しようと仕事用のPCを操作していました。
そのSNSで山際の悪口を何度も投稿していたからです。

動機につながるものは削除しようという考えでしたが、何度クリックしてもなぜだかアカウントの削除ができません。

そして画面に「人殺し」という文字がダーーーっと羅列されたあと、ドルジこと田中政雄の写真に画面が切り替わり、藤井はその場を逃げ出しました。

翔太と菜奈、お互いの隠しごとが明らかに

日は過ぎて、菜奈は約束通り早苗と食事に来ていました。

遅れてきた翔太は、なぜか西村、あかね、江藤を連れています。

住民会に参加を拒否されているのはなぜかと菜奈たちにつめよったあかねは、菜奈に言わないという約束を破ってゲームについて翔太から聞いているということまで暴露してしまいます。

あかね、西村、江藤は食事には同席せずに立ち去りますが、どうやら江藤はゲームについてはなにも知らないよう。

西村もあかねからは聞いていなかったようですが、ゲームについてまったくなにも知らないというわけではなさそうです。

気まずい雰囲気で食事をすませた翔太と菜奈は家に帰ってきますが、「なにをどう話していいか、わかんなくなっちゃった」と菜奈は一連の出来事を話そうとしません。

「話せるときに話して」という翔太は交換日記を渡し、これからは口で言いづらいことをここに書こうと言いますが、この年で交換日記はちょっと…と断られてしまいました。

幹葉からゲームについて聞いたこと、ほかの人はどれくらい知っているのかとあかねに聞いたところ大げさなことになってしまったという翔太。

必死で弁解する菜奈に「ひと言、信じてって言ってくれれば信じるよ」と翔太は言います。

「なにも隠してない、信じて」と手を組まずにそう言った菜奈に、翔太は「わかった、信じる」と言ってキスをしました。

愛し合ったあとに寝てしまった翔太ですが、菜奈はお水を飲みにキッチンに行って携帯に不在着信があることに気付きます。

時刻は真夜中近くであるにも関わらず、菜奈はそっと出かけていっていました

ベッドの中で目を開け、菜奈のあとを追った翔太が見たものは。
マンションの前で親しげに話をする菜奈と細川朝男(野間口徹)の姿でした。

菜奈が手にした2枚の「紙」と俳優・袴田吉彦

朝、菜奈が起きると翔太の姿はどこにもありません。
「早朝ジョグして、そのまま出勤します!!」というメモだけが置かれていました。

ゴミを捨てに行った菜奈は、あかねに「ゴミ袋開けてるんですかって言われそうでイヤなんだけど、でも、それどころじゃないと思うから」と紙を渡されます。

その紙には「302号室の人」と書かれていました。

「あなた、殺されちゃうんじゃない?」とあかねに言われ、不安になりながら部屋に戻ろうとした菜奈を久住が呼び止めておかしなことを聞いてきました。

袴田吉彦って知っていますか、と。

俳優の袴田吉彦とよく似てると言われるという久住は、ゲームで袴田吉彦の名前を書いてしまったと菜奈に打ち明けます。

「深酒してシメでラーメン食べた次の日の朝の袴田吉彦」「ポイントカード」などと悪口として言われたり、サインを求められて違うと言うと舌打ちされるなどするため、外出するときはいつもマスクとサングラスだという久住。

その程度の理由だけれど名前を書いたという久住は、ご近所同士で疑心暗鬼になるのはキツイので正直に言ってこのゲームから抜けさせてもらおうと思うと言います。

ところがその頃、俳優の袴田吉彦は覆面3人組に襲われ、バッドでめった打ちにされて命を失っていました。

そんなこととも知らず、久住は菜奈に自分が引いた紙も渡します。
その紙には「細川朝男」と書かれていました。

スポンサーリンク

「あなたの番です」5話ネタバレ感想

犠牲者が俳優の袴田吉彦って……。

そんなんわかるかああああああああああ!!
ポイントカードって呼ばれるとか、袴田吉彦の身を削る役者魂に乾杯!完敗!

誰の名前が紙に書かれていたのかかなり判明してきましたが、ウソをついている人もきっといるはずなのでまだまだ油断はできませんね。

浮田は詐欺で捕まった過去があるそうなので話をうのみにはできませんし、洋子も自分の名前を書いたのなら罪になるはずもないのに殺人教唆で共犯になるのをこわがっていてあやしいです。

小さな子どもをもつ母親としては、佳世とそら君のエピソードにもゾッとしました。
佳世も可哀そうな事情がありそうですが、そりゃ澄香はヒステリックにもなるというものです。

菜奈がウソをつくとき手を組むこと、それを翔太が知っていたことも明らかになりました。まあ、あからさまに示されていたので意外性はありませんが。

それから、西村の暗躍も見えてきましたね!
翔太が1話で管理人室の前でニアミスしたスーツ姿の男は西村だったのでしょうか。

個人的にはあかねの魔女的あやしさが好きですv
がんがん暗躍して、いろいろとかきまわしてもらいたいものです。

スポンサーリンク

次回以降の推理!

被害者推理はもはや不可能な気がしてきました…。
が、細川でどうでしょう!

翔太・菜奈ともに動機をもっていますから、細川が殺されることで2人も探偵役&ラブコメ要員からバチバチの当事者にならざるをえません。

また、菜奈が警察にも相談しにくくなるという意味でも、細川は早いうちに殺されてしまうのではないかと思います。

それから、凶器が発見されておらず、ケーキのプレートが消えていたということは、赤池事件の犯人は美里ではないのかもしれませんね。

菜奈が目撃したプレートを警察が来るまでに消すということは、菜奈・翔太・早苗・藤井の誰かにしかできませんから、犯人はこの中の誰かなのでしょうか??

あと、細かいことですが、赤池事件の発覚日が2019年5月3日というのはヒントなのでしょうか?制作側のミスでしょうか?

ゴールデンウィークの真っ最中ですけど、しかもかなりの大型連休の最中ですけど、マンション住民にそういうそぶりが見られなかったのですが…。

マンション内に土日休みのサラリーマンがいないよっていう示唆?
うーん、わかりません!

スポンサーリンク

「あなたの番です」各話のあらすじネタバレ

「あなたの番です」各話のネタバレは以下から見てください。
くわしくネタバレしています~。

→1話の詳しいあらすじネタバレ

→2話の詳しいあらすじネタバレ

→3話の詳しいあらすじネタバレ

→4話の詳しいあらすじネタバレ

→5話の詳しいあらすじネタバレ このページです^^

→6話の詳しいあらすじネタバレ

→7話の詳しいあらすじネタバレ

8話の詳しいあらすじネタバレ

→9話の詳しいあらすじネタバレ

→10話の詳しいあらすじネタバレ

見逃し配信は下記をチェック!
各部屋の中がのぞけるオリジナルストーリー「扉の向こう」も配信中ですよ~^^

日テレドラマ

今回の配信は102号室・佳世の部屋です。
俊明との意外にもラブラブな新婚生活から関係が冷えきるまでのお話。
佳世がどうにも愚かで可哀そうで不気味です。

コメント