『天国と地獄』8話のネタバレあらすじ&感想 東朔也と日高に緊急配備!

気になったもの・こと・人

いよいよ終盤ですね。
だましあい、かけひきをしながら、日高と彩子が積み重ねてきた信頼や絆が切ない…。

熱烈に考察をしたかったのですが、9話放送までに間に合わなかったので(無念)、今回はネタバレあらすじと感想のみお届けします~。

【『天国と地獄』各話のネタバレあらすじ&考察】
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話

スポンサーリンク

『天国と地獄~サイコな2人~』8話ネタバレあらすじ

日高陽斗(高橋一生)はΦのマークが残された新たな事件現場にいました。
刑事である望月彩子(綾瀬はるか)の姿で捜査に立ち会った日高は、さまざまな痕跡が放置されたままの現場を悲壮な顔つきで眺めます。

一方、入院中の湯浅和男(迫田孝也)に付き添っていた渡辺陸(柄本佑)は、ホクロの有無を確認しようと眠っている湯浅の手に巻かれた包帯に手を伸ばします。
ホクロがあれば、湯浅が連続殺人犯の東朔也である可能性が高まりますが……。

湯浅の正体はやはり東朔也

陸が包帯をめくると、湯浅の手のひらにはホクロが…。
湯浅の正体が東朔也であり連続殺人犯であると陸は確信します。

その頃、河原三雄(北村一輝)と相棒の幅健太郎(谷恭輔)は、独自の捜査で東朔也と日高がつながっていたことをつかんでいました。
東朔也が一代目のクウシュウゴウであった十和田の模倣犯で、日高は共犯、そこに彩子もなんらか関わっていると河原は推理します。

東朔也に会うべく日高は捜査現場を抜け出して病院へと急ぎますが、ひとあし早く東朔也が目を覚ましてしまいました。東朔也は陸に「頼みがある」と持ちかけます。

彩子が日高の秘書であり友人でもある五木樹里(中村ゆり)から、日高が奄美に「あずまさん」と行くと話していたこと、結局は一緒に行かなかったらしいことを聞いていると、八巻英雄(溝端淳平)から新たな殺人がおきてしまったとの連絡が入りました。

彩子、日高が殺人犯でないことを確信する

殺されたのは、彩子と八巻が張り込みをしていた久米の息子である久米幸彦。
おそらく彩子たちが張り込みをしていた夜に殺されたのでは…という話を聞いて、彩子は日高の犯行でないことを確信します。

なぜなら、犯行のあったと思われる新月の夜、日高は彩子たちが張り込みをしていた家に一晩中潜んでいたと考えられるからです。

日高は一緒に殺しまわっていたのではなく、兄を探し回っていたのでは…という彩子。
クウシュウゴウが日高の生き別れの兄・東朔也であることを八巻に告げます。

一方、日高は病院へと駆け付けますがベッドはもぬけのから。
東朔也は陸と一緒に病院を抜け出してしまっていました。
駅で「もういいよ、ここで」と言われる陸でしたが、そんな身体の人を放っておけないと断ります。

彩子は樹里から派遣会社からの東朔也の登録記録を受け取り、はじめて東朔也の顔を知りました。
その顔は、まさに今、陸が行動をともにしている湯浅のもの。
そんなこととは知らない彩子は「これが、東朔也」と写真に見入るのでした。

痕跡の多すぎる殺害現場

Φのマークが残された殺人事件はこれまでに4件。
警視庁の合同捜査会議にて、直近の久米幸彦の事件現場では室内に清掃をした痕跡がなく遺留品が多数採取できたことが発表されます。

犯人が履いていた靴が特定され、付近の防犯カメラに姿も捉えられ。
東朔也に捜査の手が確実に伸びつつあること、それによって日高陽斗にも累が及ぶことを覚悟した日高(見た目は彩子)は、八巻とともにコ・アース社を訪れました。

八巻が一連の事情を知って彩子に協力していることを彩子と八巻は隠そうとしますが、日高は「もう下手な芝居はいいですよ」と一蹴。

その上で、彩子(見た目は日高)に社長を辞任するよう要請します。
「あなたが捕まるかもしれないから」という日高に、彩子は犯人はこの人なのにと東朔也の経歴書を突きつけました。

彩子の正論は日高に届くのか

クウシュウゴウは東朔也であり、日高の生き別れの兄である。
日高は殺人に狂うお兄さんを止めようとしていただけなのではないか。

そう訴える彩子になおも悪ぶろうとする日高でしたが、「もう下手な芝居はいいから」と逆に彩子に言われてしまいます。

兄をかばいたいのはわかるけれど、人殺しは人殺し。
善人だろうが悪人だろうが、どんな人でも殺されていいわけないし、誰かを殺すことも許されない。

正論をぶつける彩子に、兄をかばうことはあきらめると日高は告げました。
その代わりに彩子に社長を辞任することを念押しします。

日高のマンションに戻った彩子は、陸がロッカーから取り出した証拠品がごっそりなくなっていることに気付き、慌てて陸に連絡をしました。

証拠品は日高に持っていかれてしまったこと、陸がいまクウシュウゴウらしき人物と一緒にいることを告げられた彩子は、陸に東朔也の顔写真を送付します。
確定を突き付けられるのを恐れて写真を拒否する陸でしたが、結局は写真を見てやはり湯浅が東朔也であることを再確認。

犯罪者を逃がすことも犯罪だと彩子に念を押されながらも、師匠と呼んでいた湯浅のためなのか、彩子のためなのか、陸は東朔也と行動をともにすることをやめません。

日高も彩子の「どんな事情があれ、ここを譲ったらいずれすべてがなし崩しになる、死守すべきルールってもんが人間にはある」という正論を思い出しつつ、「そんなことは何百回も考えたんだ」と自嘲します。

日高の偽装と事態の露呈

久米幸彦の殺人現場で発見されたゲソ痕や監視カメラの映像から特定された犯人の靴と上着。
日高はそれと同じものを購入し、靴底の削れ具合などを偽装したうえで、遺書を用意してΦが川に飛び込み自殺したように見せかけました。

彩子はコ・アース社の社長を辞任。
記憶が戻ったらすぐに絶対に戻ってきてくれと懇願されながら、富樫義貴(馬場徹)に後を任せます。

東朔也のほうはどうなっているのかと日高に連絡をする彩子でしたが、日高から兄が自殺した可能性が出てきたと告げられました。

すぐに日高の偽装であることを察した彩子は警察にバレるのも時間の問題だと責めますが、日高は問題なのはその少しの時間だから大丈夫だと答えます。

しかし、捜査会議に乗り込んだ河原によって、Φ=東朔也ではないかということ、東朔也が久米幸彦のせいで久米の父親の警備会社を不当に解雇されたことが明らかにされました。
日高の想定以上の急展開です。

日高と東朔也に緊急配備!

パソコンのログからして望月彩子も東朔也を追っていたはず、と河原に厳しく追及されて、日高(見た目は彩子)は東がコ・アースのビルで清掃員をしていたことを白状させられます。
日高と東朔也の線がつながったのです。

さらには、鑑識から久米幸彦の殺害現場にいた犬のフンから子どもの乳歯が見つかったという報告が上がりました。その乳歯は鑑定の結果、日高のものだと判明しているとのこと。

子どもの頃に交換した自分の乳歯をまだ持っていたのかと、日高は一瞬感慨にふけります。

これによって事態は急変。
警察は東朔也と日高に緊急配備をひきました。

八巻はすぐに彩子に電話をして事態を説明しますが、河原に見つかってしまい誰に電話をしていたのかを問い詰められます。

警察はコ・アース社に急行しますが、五木の協力で彩子は警察を巻くことができました。

日高という人物

樹里と落ち合った彩子は、日高と自分が入れ替わっていることを明かします。

信じられないとしながらも、それならばおかしいなと思っていたことが納得できはするとして、樹里は2人の入れ替わりを受け止めました。

日高に人が殺せるとは思えない。
けれど、その生き別れのあずまさんに同情して加担するということはなくはない。
おそらく、この後は彩子を助けるためにもう1度入れ替わろうとするだろう。

樹里がそう自分の考えを話したタイミングで、彩子に日高から呼び出しがかかりました。
日高は彩子の自宅に隠していた血まみれの石を取り出して、彩子を呼び出した歩道橋へと向かいます。

その頃、八巻は河原に尋問を受けていました。
電話の相手について八巻はかたくなに黙秘しましたが、電話番号から連絡先主の現在地が割り出されてしまいます。

河原が現場へ急行するなか、歩道橋の上で日高と彩子は再会しました。

再びの入れ替え、なるか!?

彩子に向けて手錠を取り出す日高。
彩子を日高として逮捕して自分は彩子として手柄をたてる、と言いながら彩子に迫ります。

しかし、彩子はそれが建前であると見抜きます。
満月、願いをかなえる石、手錠。
最初に入れ替わったときの条件がそろったことに彩子は気づきますが、ときすでに遅し。

彩子と日高はあの日のように階段を転げ落ちました。
果たして、2人は再び入れ替わって元に戻ったのでしょうか?

その頃、東朔也は奄美大島に一緒に行かないかと陸を誘っていました。
すべてを受け止めるような微笑みで、陸はうなずくのでした。

スポンサーリンク

『天国と地獄~サイコな2人~』8話感想

うう、切ない…っ!!
東朔也が病気で亡くなるまでのほんのわずかな時間を偽装してでも手に入れようとする日高の覚悟が、彩子の正論に対して「そんなことは何百回も考えたんだ」という日高の自嘲が、切なくてやるせないです。

日高も東朔也も殺人自体には手を染めていないという筋書きはないかと、ここ数週間考察を重ねてきましたが、さすがに東朔也が殺人をしていないという線は無理そう……。

日高と東朔也が、黒幕に翻弄されてお互い相手が殺人を犯していると勘違いをしてかばいあっているのではという希望を持っていたのですが、無念です。

最初からずっと主張していた日高は殺人をしていないという考察はどうやら当たりそうですが、こんなに切ない展開になるなんてーーーー!
殺人犯にも事情があるんだ的な金田一少年パターンはキツイですね…。

こうなると、日高が単純にハッピーになることはなさそうですが、日高にとっても東朔也にとってもなんとか救いのあるラストになりますように!

スポンサーリンク

『天国と地獄~サイコな2人~』8話まとめ

さあ、いよいよ残すところあと2話ですね。
次回は最後の考察を頑張りたいと思いますが、どうなんでしょう?

考察の隙間もないほど次回ですべての謎が明かされてしまわないことを祈ります。
黒幕よ、存在しろーーー!

 

コメント