『天国と地獄』9話のネタバレ&考察 結末・黒幕予測!どうか日高に希望を!

気になったもの・こと・人

日高と彩子のラストのやりとりに涙腺が崩壊しました…!
八巻のぶらり一人旅にそんな場合じゃないのにほっこりしたり、陸が聖母マリアに見えたり、このドラマを見ていると情緒が大忙しです。

ということで、『天国と地獄』9話のネタバレと考察をしていきます。
結末がどうなるのか、黒幕はいるのかいないのか、いるのならば誰なのかを考察します。ラスト、当たれーーーー!

【『天国と地獄』各話のネタバレあらすじ&考察】
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話

スポンサーリンク

『天国と地獄~サイコな2人~』9話ネタバレあらすじ

歩道橋から転げ落ちた日高陽斗(高橋一生)と望月彩子(綾瀬はるか)。
果たして、2人は再び入れ替わることができたのでしょうか…?

彩子の姿をした人物が先に目を覚まし、自分の身体を確かめるように触ります。
その身体に宿る魂の持ち主は、彩子。

入れ替わりは成功し、2人はお互いに元の身体に戻りました。

日高と彩子の逃走

彩子に逮捕されることを覚悟していた日高でしたが、ちんけな共犯ではなく主犯の東朔也(迫田孝也)を確保しにいくといって彩子はそれを拒否します。

警察だって兄がどこにいるのかわかっていない。
そう言う日高に、彩子は東朔也の居場所を知っていることを告げました。

ここで日高が捕まっても兄を逃げ切らすのはもう無理だ、ここで会わなきゃもう二度と会えないと言って、彩子は逮捕の前に日高を東朔也に会わせようとします。

しかし、そこに八巻の連絡先の電話番号を追って河原三雄(北村一輝)が現れました。
彩子は日高を尋問していただけだとごまかしますが、河原は信じようとしません。

日高は河原に出頭を装って近づき、河原を殴って逃走。
彩子は「望月、追いかけます!」と言って、うずくまる河原をおいて日高についていきました。

日高は携帯を道路に投げ捨て車にひかせて破壊し、さらに走り続けます。
河原は警察に連絡を入れ、日高の包囲網がひかれました。

日高の逃げていった方向を彩子が偽ることで、なんとか警察をまくことに成功。
彩子の立場を心配する日高に、日高と東朔也を捕まえて戻ればなんとでもなると彩子は豪語するのでした。

目的地は奄美大島

東朔也と行動をともにしている渡辺陸(柄本佑)に連絡を入れた彩子は、入れ替わって元に戻ったこと、日高を東朔也と会わせたいと思っていることを告げて、奄美大島で落ち合うことにしました。

彩子は八巻英雄(溝端淳平)にも連絡をします。

八巻の車で名古屋方面へ向かいつつ、「私は日高を追いかけ、確保した。でも、日高はどうやら東朔也の行方を知ってるらしい。取引の上、極秘に東のところへ案内させ、で、私は実際2人を逮捕するに至る」という筋書きを押し通すことを告げました。

さらに彩子は日高のカードを八巻に渡して、おとりをつとめるよう頼みます。

警察手帳で検問も抜け、彩子と日高は車で順調に快走。
八巻はおとりをつとめるべく、日高のカードで新幹線の切符を購入しました。

しかし、彩子・日高・八巻の連絡していた番号の携帯電話すべてが不通になっているため、仕方なく八巻の現在地をリアルタイムで追っていた河原は、八巻の動きがおとりであることに気付きます。

河原の独断による家宅捜索

日高のカード履歴から、仙台行きの新幹線に乗り、仙台でずんだパンケーキをテイクアウトしたことが判明。彩子の狙い通り、警察は日高が仙台にいると誤認しました。

それが八巻によるおとりであると知っている河原は、日高と彩子を捕まえに行くと不敵に笑います。

そんなこととは知らず、日高と彩子は熊本までたどり着きました。

河原は彩子の部屋を令状なしに勝手に捜索。
サンプルQと革手袋を発見したことで彩子の関与を確信しました。
さらに奄美大島行きのチケットから、2人の行く先までアタリをつけてしまいます。

鹿児島までフェリーで向かおうと日高と彩子が画策しているころ、陸と東朔也は鹿児島県の鹿児島新港で奄美大島行きのフェリーに乗ろうとしていました。

どうして奄美に行きたいのかと陸に問われた東朔也は、前に弟が一緒に行こうって言ってくれたんだけど行けなかったからだと言います。
弟=日高のことを「自慢」と東朔也は微笑みました。

日高と東朔也の告白

一方、日高も東朔也と再会した事情を彩子に打ち明けます。

日高がコ・アース社でお客が落としたコンタクトを探していたときに、清掃をしていた東朔也がそれを見つけてくれたことで2人は再会しました。

最初は双子の兄だとは気づかずに、バニッシュワンダーのモニターを東朔也に頼んだといいます。
それがサンプルQでした。

サンプルQの感想がとても参考になるものだったため、次々にモニターを依頼。
そのうちに仲良くなり、一緒に飲みに行くようになったといいます。

しかし、東朔也が奥さんと喧嘩したという夜、2人であの歩道橋でカップ酒を飲んでいたときに「昔ね、僕、歩道橋で待ってますって手紙をもらったんですよ」と日高が雑談のつもりで切り出したことが事態を変えてしまいました。

そのとき歩道橋に来た親切な男の子にあった手のひらのホクロが、東朔也の手のひらにもあることにふいに気付いてしまったからです。

引っ掛かりを感じた日高は、東朔也が飲んでいたカップ酒のカップ、親切な男の子から受け取った乳歯、日高の髪をDNA鑑定して、彼が自分の兄弟であることを知りました。

兄は知っていて言わなかったのだろうと察した日高は、時間をとって話さなければと奄美大島旅行に誘いますが東朔也は躊躇します。
あまり近づきすぎて見せたい自分だけを見せるのが無理になることを東朔也は恐れていたのです。

狭まる警察の包囲網

それでも、兄であることを気づいてほしいという気持ちをどこかでずっと抱えていた東朔也。
悩んだ末に旅行を承諾しますが、直前で行けなくなってしまいました。

今度こそ奄美大島に行こうとしていた東朔也でしたが、急に発作が起こってしまいます。
その頃、彩子と日高も警察官に見つかって追われることに……。

熊本の警察官が情報をあげたことで、日高と髪の長い女性が熊本にいるのではないかということが警視庁にも伝わりました。

さらに、日高の父親の証言から日高と東朔也が生き別れの兄弟であることも判明。
母親の出生地が奄美であることから、日高が熊本にいることの信ぴょう性も増してしまいます。

追い打ちをかけるように、日高のカードを使っていた人物の映像まで出てしまいました。
顔を隠していたため八巻であることをすぐには気づかれなかったものの、時間の問題です。

日高と彩子は無事にフェリーに乗ることができました。
しかし警察に顔も見られてしまったので港で自分を逮捕しろという日高に、彩子はそれならば本当のことをぜんぶ教えてほしいと言います。

本当のことを知らないといざというときに自分の身をどう守ればいいかわからなくなるという彩子に、日高はこれまでのことを語るのでした。

行けなくなった奄美旅行と東朔也のウソ

奄美旅行に行く前日の夜に東朔也から妻が倒れたので行けないと連絡が入ったため、日高は1人で奄美へと向かいました。

行きの飛行機のなかで、太陽と月の運命が入れ替わった伝説を機内誌で読み、ここに来れなかったのは兄ではなく自分だったかもしれないと感じた日高。
運命に負けている気がした日高は、それに逆らうように奄美で東朔也と名乗ったのです。

奄美から戻ったときには、東朔也は仕事を辞めてアパートをひきはらっていました。

仕事を辞めた理由は、父親が亡くなったためです。
奥さんがいるというのは東朔也のウソでした。

本当はずっと認知症になった父親の面倒を見ながら仕事をしていたといいます。

旅行の前夜、奄美に行く=奄美出身の母親に会いに行くのだと思い込んだ東朔也の父親は、傘でむちゃくちゃに叩きながら彼を責めました。
部屋から逃げ出した東朔也は、アパートの外階段のところで傘を取り上げようとしたはずみで父親を階段から落としてしまいます。

父親は亡くなり、部屋にはビリビリになった奄美のパンフレットとチケットが残されていました。

なにもかも失った東朔也が望んだものは…

日高と東朔也が再会したのは、あの歩道橋。
東朔也は名前も変えて、何もかも新しくやり直そうとしていました。

ところがそんな彼をすい臓がんが蝕んだのです。
余命半年だという東朔也に、日高はいい医者を探してお金も自分が出すと申し出ます。

「東さんと僕は兄弟ですよね?」

ついにそう問いかけた日高は、東朔也が父親を抱えて苦労したことについて「僕も一緒にするべき苦労だったのに」と悔恨しました。

もう遠慮をしないでくれという日高に、東朔也は十和田が描いたマンガを取り出して「じゃあ、俺、クウシュウゴウになりたい」と告げます。

神奈川の事件は十和田の仕業でした。
自殺した十和田の部屋にあった殺害現場の写真とマンガに東朔也は魅入られてしまったのです。

惨劇のはじまり

兄を必死に引き留めようとする日高でしたが、東朔也はたった15分早く生まれただけで人生が大きく違ってしまった嘆きと憤りを日高にぶつけました。

「お前が15分先に生まれてくりゃ、お前の人生は俺のモノだったんだよ…!!」

しぼりだすようにそう慟哭した東朔也は、十和田のマンガや神奈川の事件の写真や人物リストをすべて歩道橋にまき散らしたまま走り去ります。

「話し合いましょう!兄さん!ここで待っていますから!」
日高は去り行く背中に叫ぶことしかできませんでした。

その後、兄に会おうと歩道橋に足を運んだ日高が見たのは「2」という赤い数字。
色々な考えでぐしゃぐしゃになる頭でリストの「二」に該当する「田所仁志」の家へ行くと、そこは血の海でした。

現場に置かれた凶器の石とサンプルQ。
日高は、共犯になるか赤の他人として通報するのかを兄が迫っているのを感じました。
通報できなかった日高は、東朔也の共犯となって彼を逃がすことに決めたのです。

「あなたは正しい」

彩子との入れ替わりは日高にとっても想定外のことだったよう。
それからは、彩子には自分が犯人だと思わせながら、警察では日高陽斗が捕まらないように必死だったといいます。

日高は、「人殺しは人殺し」で自分と兄が常軌を逸していることを認めて、「あなたは正しい。きっと私はあなたに捕まるためにスイッチさせられたんですよ」と告げました。

こんな誰を憎んだらいいのかわからない話…と、彩子は目に涙をためながら「あんたってさ、ほんとに意地が悪いよね」と言うので精一杯です。

その時、フェリーの甲板に陸と東朔也があらわれました。
日高の姿を見て「なんで……なんで、お前ここにいるんだよ」と呆然とつぶやく東朔也を、彩子は殴り倒します。

「あんたはクウシュウゴウなんかじゃないんだからね!」
東朔也に駆け寄った日高の前で彩子は思いのたけを、東朔也にぶつけました。

せまる最期のとき

「ちゃんといるんだからね!あんたのこと好きで、心配して、そうやって守ってやろうっていう人間が!あんたのためなら、犯罪者にでもなってやるって人が!」

あなたを哀れんだりしない。
どんなひどいめにあったとしても、どんな人生だったとしても、こんなに思ってくれる人を叩き落せるなんて正真正銘のサイコパスだから、と彩子は断じます。

彩子が刑事だと聞いて、東朔也は悪いのは自分だからなんとか日高を守ってくれないかと懇願しますが「だったら、はじめからこんなことすんじゃねえ!」と彩子は叫ぶのでした。

一方、4人を乗せたフェリーが向かう奄美に先回りして、河原が奄美空港に到着します。

ようやく2人で話しあう時間を持てた日高と東朔也。
日高の姿をした彩子が久米家の前で刑事と張り込みをしていたのを見て、東朔也は日高が刑事に事情を話したんだと勘違いをしていました。

腹がたったと同時に目が覚めた東朔也は、確実に自分だけがやったという証明をたてるためにリストにない殺人を犯したのです。
最後の殺人現場に日高の乳歯が落ちていたのも、発作に襲われてつい落としてしまったからで、日高を裏切ったわけではなかったことがわかりました。

2人の逮捕と八巻の告発

朝が来ました。

日高は、船を降りる前に兄と2人で彩子に捕まることにしたと告げます。
無実になる気はないかと彩子は問いかけますが、日高にその気はないようです。

そのとき、東朔也の体調が急変。
陸が必死の救命措置を行ないますが、東朔也は日高に見守られながら息を引き取ります。

そして、フェリーが奄美に到着しました。
乗り込んでくる警察に見せつけるように、日高は彩子の首にナイフを突きつけます。

「捕まるなら、あなたが良かった」

そう言って彩子に手首を差し出した日高は、「絶対に、絶対に助けるから」と言う彩子に「待ってます」と微笑みました。

彩子は日高に手錠をかけます。
しかし、河原は「よう頑張ったな、猿芝居」と彩子の手にも手錠をかけてしまうのでした。

その頃、警視庁では八巻が上司と面談をしています。
「実は、望月さんは…」と八巻はおもむろに口を開きました。

そして、彩子が逃亡中に水に沈めたはずの携帯電話が光を放ち…。
物語は最終局面へと走り出すのでした。

スポンサーリンク

『天国と地獄~サイコな2人~』9話考察

救いはどこにあるのーーーっと叫びました。
東朔也が逮捕されないまま亡くなったことも、最期に日高と2人の時間を持てたことも、救いと言えば救いなのかもしれませんが……。

少しでも日高が救われることを願って、残った謎を考察していきたいと思います。
いでよ、黒幕…!

日高の殺人容疑を晴らすカギ

日高は殺人自体には関わっていない。
証拠隠滅はしたものの、新たな殺人を止めようと必死で立ちまわっていた。

これが証明できるかどうかが日高に与えられる罰の重さを大きく変えます。

東朔也が持っていたSDカードの中身はまだ明かされていません。
おそらく田所さん宅の防犯カメラから抜き取ったモノだと考えられるため、東朔也が1人で犯行に及んだ証拠になると思われます。

四方殺害については、日高と彩子がスイッチしていたため日高の関与は出てきません。
ただし、日高の携帯が復活したことで彩子の姿で四方をめった打ちにした映像まで復元されてしまって彩子が窮地に陥る可能性はあります。

久米殺害については、彩子たちが張っていたほうの久米・父宅の防犯カメラに、日高(の姿をした彩子)が一晩中写っているはずです。
これは、日高が東朔也と共謀していなかった、犯行を止めようとしていた証拠にもなります。

ということで、3件とも殺人に関与していないことは証明できるはずです。

八巻は彩子を裏切ったのか

これはない、と思います。
最終回予告で彩子が檻の中におらず、自由に走りまわっていることからも明らかです。

おそらく、彩子の筋書きに沿って「彩子は日高を確保したが、主犯である東朔也の居場所を知っているという日高と取引して東の逮捕に向かった」という話をしたのではないでしょうか。

とはいえ、八巻は久米宅で日高(の姿をした彩子)と張り込んでおり、さらにはおとりとして日高のクレジットカードを使用してもいます。

カードでおとりを務めた件については東朔也逮捕のために日高と取引したで押し通せるかもしれませんが、張り込みのほうはどうするんでしょう…?

八巻が警察を辞めることにならなければいいのですが、九十九に情報漏えいをしてしまった過去もありますし、八巻におとがめなしということはないと思います。

残った謎の整理

ここで、残った謎を整理してみたいと思います。

・日高のボストン時代の連続殺人容疑はなんの関係もないのか
・入れ替わりは本当に偶然に起きたのか
・日高が化粧に手馴れていたり、あっさり陸と関係を持ったのはなぜか
・奄美大島の丸い石は呪いの石なのか、お守りなのか
・十和田役の田口浩正さんは免許証の写真だけの出演!?
・日高が昔親切にしていた嫌われ者のおじいさんの話はなんの関係もないのか
・そのおじいさんも陽斗&朔也の父親も階段から落ちて亡くなっているのは偶然?

いや、残った謎を羅列すると、日高の言う「真相」を鵜呑みにできない感じもありますよね…。
実は日高がバリバリのサイコパスだとしたら?

嫌われ者のおじいさんを殺したのは日高で、ボストンの事件も疑惑ではなく本当に日高の犯行で、わざわざ母親の出身地である奄美に兄を誘うことで邪魔な父親の事故死を画策したのも日高で、兄を操って殺人を犯させていたのも日高で…。

わあああああああ!
いや、ない。それはない!ないったら!

一連の事件に黒幕は存在しないのか

9話を見る限り、東朔也1人の暴走に思えます。
ただし、十和田が所持していたマンガ『闇の清掃人Φ』には犯行を指示するミスターXがいました。

少なくとも、十和田に殺人を指示した人物はいたのではないでしょうか。
そしてもしかしたら、その人物が十和田を自殺に見せかけて殺したという可能性もあるのかな。

法では裁けない悪人たちの始末を望んでいるのですから、ミスターXは警察関係者または司法関係者ではないかと思います。

最終回でいきなり初登場の司法関係者が出てくるとトリッキーすぎますので、警察関係者にミスターXがいる可能性は高いですよね。

Xは「10」を示す記号でもありますので、名前に「十」が入っている五十嵐管理官と十久河一課長はかなりの重要候補ではないでしょうか。

果たして結末は…?

彩子が力を尽くしてできる限り罪を軽減して助け出すものの、日高はやはりサイコパスで新たな殺人を犯す…という結末はどうかご勘弁ください(土下座)。

できれば、日高にとって救いのある結末だといいなと思います。

彩子の尽力により、日高が殺人自体を犯していないことが判明。
また、警察内部にいた黒幕であるミスターXの正体も露見して逮捕にいたる。
罪をつぐなって刑務所から出てきた日高を彩子とコ・アースの面々が出迎える。

そんな甘ちゃんな結末をお願いします(土下座)(2回め)。

スポンサーリンク

『天国と地獄~サイコな2人~』9話まとめ

ついに次回は最終回ですね!
数カ月、考察にふりまわされましたがすごく楽しかったです。

最終回で陸または日高がサイコパス化しませんように!
それから、八巻のほっこりシーンを最後に期待しています。

よっしゃ、最終回見るぞーーーー!

コメント