横浜アンパンマンミュージアム移転後の行き方!近隣駐車場には平日最大料金1200円のところも!

東京&神奈川県に近場おでかけ

横浜にあるアンパンマンミュージアムが場所を移転して、2019年7月7日にリニューアルオープンしました!

名称を「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」から「横浜アンパンマンこどもミュージアム」に変更し、施設やショーの内容なども大幅に変わっています。

どう変わったのかは、こちらの記事をどうぞ!

移転先は、もともとマリノスタウンのあったところ、というと地元の方や私のようなJリーグサポにはイメージしやすいかもしれません。

最寄り駅が横浜駅、新高島駅であることに変わりはありませんが、駅に近くなり、地下に120台収容できる駐車場もつくられたことで、アクセス面はかなり改善されました。

横浜アンパンマンミュージアムの移転後の行き方・アクセス・駐車場情報についてレポします!

スポンサーリンク

横浜アンパンマンミュージアム(移転後)への電車での行き方

電車で行く場合の最寄り駅は移転前と同じです。
みなとみらい線の新高島駅、JR横浜駅の2つですね。

新高島駅から移転後のアンパンマンミュージアムへの行き方

新高島駅の4番出口からは徒歩3分。
ですが、今は近隣工事のため3番出口かBエレベーターの利用となります。

Bエレベーターを降りて左側にある道路(みなとみらい大通り)を右へ!
円柱形をしている富士ゼロックスビルの方向を目指すと迷わずにすみます。

徒歩1分ほどで、1つめの横断歩道を渡って右を見ると、大きなアンパンマンのモニュメントが見えますので、そこに向かって歩きましょう。

Bエレベーターを降りて徒歩3、4分でたどり着けます。

横浜駅から移転後のアンパンマンミュージアムへの行き方

JR横浜駅を利用する場合、東口から徒歩10分またはきた東口Aから徒歩13分です。
東口から来る方が所要時間も短く、わかりやすいと思います。

そごう横浜または横浜スカイビルの2階から接続している「はまみらいウォーク」という橋で川を渡りましょう。

日産グローバル本社ギャラリー内を直進して通り抜け、正面左にある階段かエレベーターで1階に下りて横断歩道を渡ると、前方に大きなアンパンマンのモニュメントが見えると思います。

または、日産グローバル本社を出たあと、歩道橋デッキに上がって「みなとみらいほどうきょう」の二股通路を左へまっすぐ進むと、アンパンマンミュージアムの目の前に到着します。

スポンサーリンク

横浜アンパンマンミュージアム(移転後)への車での行き方

車で移転後のアンパンミュージムに行く場合は、首都高横羽線「みなとみらい」出口から車で約10分ほどです。

首都高横羽線から移転後のアンパンマンミュージアム駐車場への行き方

移転後の横浜アンパンマンミュージアムに車で行くには、首都高横羽線のみなとみらい出口が最寄りとなります。

みなとみらい出口を直進して、上り出口からならばみなとみらい交番入口を左折、下り出口からならばみなとみらいホール交差点を左折してください。

高島中央公園北の交差点を直進して道なりに行くと、左手に第一駐車場があります。

首都高横羽線から移転後のアンパンマンミュージアムへの最短の行き方

もし、公式駐車場を目指すのではなく、とにかく移転後の横浜ミュージアムへの最短距離を行きたいということでしたら、行き方は少し変わります。

首都高横羽線のみなとみらい出口を出ると、すぐに「みなとみらい大通り」という大きな道に出ますので、ここを左折してください。
これは上り出口から出ても、下り出口から出ても同じです。

そのままみなとみらい大通りを進んで、とちのき通り西という信号で右折するとすぐに前方に大きなアンパンマンのモニュメントが見えてきます。

スポンサーリンク

横浜アンパンマンミュージアム(移転後)の駐車場攻略法!

横浜アンパンマンミュージアムの駐車場は混雑しますし、施設利用による割引などもなく、お値段も高めですので、基本的には電車で行くほうが無難です。

とはいえ、アンパンマン大好き年代の子どもを連れて行くとなると、やはり電車よりも車で行きたくなりますよね。

公式の駐車場と、お値段少しお安め&555台収容の近隣駐車場をご紹介します!

移転後のアンパンマンミュージアムの公式駐車場は2つ!

横浜アンパンマンミュージアムの第一駐車場は、アンパンマンミュージアムのB1階にあって、128台を収容することができます。

第二駐車場は富士ゼロックスの1Fにあり、188台を収容することができます。

どちらも料金体系は一緒です。
最初の1時間が600円、それ以降は30分300円となっていて、割引券等の発行はありません。

2.1mの高さ制限がありますので、ご注意ください。

公式駐車場は、横浜アンパンマンミュージアムから近いのが、なんといっても魅力ですが、やはり土日ともなるとかなりの混雑は覚悟して早めの時間に出かけましょう。

*上記の収容台数は公式のホームページに掲載されていた情報ですが、公式のリーフレットでは第一駐車場が120台、第二駐車場が185台と掲載されており、多少の違いがあります。

平日最大料金1,200円のオーケーみなとみらいビル駐車場

横浜アンパンマンミュージアム近くで、収容台数が多くて、公式駐車場よりも料金が安く、平日最大料金があり、お買い物割引もある駐車場と言えばココ!

オーケーみなとみらいビル駐車場です。

収容台数は555台。
料金は30分250円で、公式駐車場より30分あたり50円安くなっています。

平日は最大料金の設定があり、駐車後24時間で1,200円です。
オーケーみなとみらい店および、オーケーみなとみらいビルの各テナントでのお買い物料金に応じて割引サービスもありますよー。

オーケーみなとみらいビルは、横浜アンパンマンミュージアムと同じくとちのき通り沿い、高島中央公園北信号のすぐそばに位置しています。

リニューアル直後ということもあって、7月の土日はこのオーケーみなとみらいビルの駐車場も時間によっては駐車待ちの車が長い列をつくっていました。

また、入庫経路は一方通行で右折入場はできませんので、下記のように駐車場に向かいましょう。

まず、首都高横羽線のみなとみらい出口を出ると、すぐに「みなとみらい大通り」という大きな道に出ますので、ここを左折してください。
これは上り出口から出ても、下り出口から出ても同じです。

そのままみなとみらい大通りを進んで、とちのき通り西という信号で右折。

右折してすぐ、円柱型の富士ゼロックスビルを越えたところ、アンパンマンの大きなモニュメントの手前で左折して道なりに進んでいくと、左側にオーケーみなとみらいビルの駐車場入り口があります。

スポンサーリンク

横浜アンパンマンミュージアム移転後の行き方まとめ!

新高島駅からは、横浜アンパンマンミュージアムに行くらしき親子連れがたくさん歩いていますので、あまり迷わずにすむと思います。

私は混雑をおそれて「時間をずらそう!」と平日の午後14時過ぎに新高島駅に着いたところ、そうした親子連れに会えずにまんまと迷いました^^;

5分ほどうろうろしたところで、ジャムおじさんのパン工場の袋を持って駅に戻ってくる親子連れに道を尋ねることができ、なんとか到着。

地図で見ると迷う生粋の方向音痴なので、今回は横浜アンパンマンミュージアムまでの行き方を文字でまとめてみました!
なにかのお役に立てれば幸いです^^

【関連記事】

横浜アンパンマンミュージアム移転後の誕生日特典!ケーキを自分でデコれるプランも!

横浜アンパンマンミュージアム移転後口コミ!料金、ショー、無料エリアはどう変わった?

 

コメント